記事

介護、物流…なぜ「エッセンシャル・ワーカー」の待遇はなかなか改善しないのか?

令和2年の流行語「エッセンシャル・ワーカー」

新型コロナ・パンデミック以降「エッセンシャル・ワーカー」というワードをしばしば耳にするようになった。

「エッセンシャル・ワーカー」は、『「現代用語の基礎知識」選 2020ユーキャン新語・流行語大賞』にもノミネートされるなど、急速に認知度が高まった言葉であるだろう。

ようするに、介護、物流、小売、社会・交通インフラなど、社会の安定的な維持になくてはならない分野で働く人びとのことを指している。コロナ禍においても、在宅ワークなどに切り替えることはできず、そのほとんどすべてが現場で稼働しなければならない仕事であることも共通している。感染リスクが高まる状況下においても、エッセンシャル・ワーカーとして働く人びとに対して、世間からは感謝と敬意の声が伝えられることもあった。

Getty Images

だが「エッセンシャル・ワーカー」とされる人びとの多くは、医師などごく一部の例外を除けば、手厚い待遇で働いているわけではない。むしろどちらかといえば、非エッセンシャルな仕事よりも相対的に劣っていることの方が珍しくない。コロナ禍のなかで、ハイリスクな仕事に従事するにもかかわらず、いったいなぜなのだろうか?

「低賃金カルテル」の存在

数年前、インターネットで「低賃金カルテル」(※1)という言葉が登場し、大きな波紋を呼んだ。

「低賃金カルテル」とは、企業間で利益を維持するべく、価格や在庫を協議のうえで調整する通常のカルテルの反対版である。すなわち「可能なかぎり賃金を抑えることが企業あるいは社会で合意されていると目される業種」のことを指す。残念ながら、今日「エッセンシャル・ワーカー」と呼ばれている人びとの職業の多くは、当時の「低賃金カルテル」の議論でそのカルテルの効力が及ぶ対象として列挙されていた。

「低賃金カルテル」もしくはこの現象の実在性をめぐって、ネットでは一時期は激しい論争が起きていた。いまのところ「特定の労働者の賃金や待遇が上昇しないように結託する闇の組織」は実際には確認できていないものの、しかし社会を観測していると結果的には「低賃金カルテル」が実在しているのとまったく変わらないような状況になっているのは間違いない。

一般の人びとがおおよそ高校までで習う経済の基本ルールによれば、市場としては高需要であるなら、需要にあった供給を満たすために待遇が上がるというのが当然のはずだ。しかしながら、「低賃金カルテル」では逆行した現象が起きる。すなわち、給与や待遇が低いままでありつづけるからこそ、人が寄り付かずに労働力の供給が減り、つねに高需要(慢性的な人手不足)であるということだ。

Getty Images

介護士や保育士が慢性的な人手不足にあえぐ業界であることはすでに広く知られている。だったら給与や福利厚生などの待遇を改善すればよさそうだ。だがそのような解決法が取られることはめったにない。低待遇が据え置かれているため、供給不足に由来する高需要が解消しない。

「なくてはならない仕事」しかし「だれでもやれる仕事」

 介護士や保育士や物流業や清掃業は、この社会が正常に機能するためには絶対になくてはならない仕事である。――しかし、それにもかかわらず彼・彼女たちは、専門的技術をもつプロフェッショナルとして世間から評価されていない。

世間の人びとは口先だけでは「介護士はプロ、保育士は専門職」などと讃えて見せるが、しかし彼らのプロフェッションに相応の対価を支払おうとはしない。エッセンシャル・ワークの多くは「基本的にだれでもやれる仕事だが、あえてみんながやりたがらないから、それがたまたま仕事になっているもの」だと考えられているからだ。老人や幼児の世話など本当はだれでもできる、掃除などだれでもできる。だがみんなやりたがらないだけ――と。

この考え方にこそ「エッセンシャル・ワーカー」の待遇改善を阻む答えがある。

世間は「みんなやろうと思えばできるが、しかしあえてやりたがらない(相応の理由がある)仕事なのだから、その仕事には大した価値はないのだ」と考えるし、「みんながやりたがらない・大した価値のない仕事であるにもかかわらず、そのような仕事にあえて就いているのだから、その人は他の仕事が選べないような能力のない人であり、能力のない人が就くような仕事の待遇が悪かったとしても、それが適正価格なのだ」と暗黙裡に合意する。

つまり、世間の人びとがエッセンシャル・ワークを職能として軽視するまなざしが、ある種の確証バイアスを形成しているのだ。

こうした「民意」は経営層や政策決定者に影響を与える。「社会を維持するためには重要である/しかしだれでもできる/ただしだれもやりたがらない仕事」の価値を低く見積もる暗黙の合意形成こそが、本来なら待遇改善の議論が起こってもおかしくないほど高需要であるはずのエッセンシャル・ワーカーへの待遇改善の議論を滞らせ、あるいは阻害する。

Getty Images

社会が高度化するほど「軽蔑」の度合いは強まる

人間社会のテクノロジーが発展し、社会が高度にサービス化すればするほど、「非エッセンシャル」な度合いが高い仕事のプレミアが上昇する。逆に「エッセンシャル」な度合いの高い仕事ほど、人びとからの「軽視」が強化されていく。

コロナ禍でもその身をリスクに曝すことなく、先進的でキラキラとしてスマートで華やかな仕事が社会に新しく生み出されれば、さらに「エッセンシャル・ワーカー」への風当たりは強くなってしまう。いくら社会がハイテクになろうが、私たちが人間である限り、生活やインフラを支える人がいなくなっては、社会が成立しないにもかかわらずだ。

「人間社会/文明の進歩」と「低賃金カルテルの拡大」は二人三脚のパラドックスである。

人間社会が高度になればなるほど、人びとの暮らしや働き方がスマートでサービス化していけばいくほど、先進的な仕事が多くの人からあこがれのまなざしで見られるほど、エッセンシャル・ワーカーは社会の存続と安定的な維持にとってますます重要で貴重になるが、同時に社会からの軽蔑も強くなる。

「重要な仕事だから軽んじられる」――文章にするとあたかも私が誤植しているのではないかと疑われてしまうような、矛盾としか言いようがない光景は、これからさらに深化していく。コロナ禍はこの矛盾した光景を、はっきりと強調して描き出した。

※1:低賃金カルテル - Togetter https://togetter.com/li/1064585

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    雇用保険を否定? 厚労省の暴言

    田中龍作

  2. 2

    石破氏 コロナ報道に強い違和感

    石破茂

  3. 3

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  4. 4

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  5. 5

    京都市財政難 寺社の協力不可欠

    川北英隆

  6. 6

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  7. 7

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  8. 8

    立民の「首相答弁が短い」は難癖

    鈴木宗男

  9. 9

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。