記事

安倍総裁に講釈を垂れる池田信夫の論理的欠陥

1/2
池田信夫教授が、安倍総裁に対してまたまた講釈を垂れています。

 お断りしておきますが、実は、私の基本的な考え方は割と池田教授に近いのです。つまり、インフレ目標値なんて政策はつまらん、と。だから本当は池田氏を批判するとリフレ派を利するだけなので複雑な気もするのです。

 しかし、だからと言って‥

 池田氏が安倍晋三さんのためにインフレ入門の講釈を垂れるのも、安倍さんが次期総理になる可能性が高いからでしょう。

 つまり、日本のリーダーになる人にはもっとしっかりして欲しいと願えばこそ、そうして苦言を呈するのでしょう。

 でも、そうした池田氏の行為が是認されるのも、池田氏の主張に説得力があればこその話です。仮に、池田氏の主張に理論的な欠陥でもあれば、それこそインフレ目標値政策が正しいとされてしまうのです。

 昨日、池田氏は、「安倍晋三氏のためのインフレ入門」という記事を書かれております。

「たぶん安倍氏は、次のように考えていると思う。

1. 物価水準はマネーの量を物の量で割ったものだから、物の量が変わらないときマネーを増やせばインフレになる。
2. デフレが続いているのは、日銀が思い切ってマネーの量を増やさないからだ。
3. 3%のインフレ目標を設定し、物価上昇率が3%になったところでマネーを増やすのをやめればいい。
4. 日銀がやってもだめなら、政府が公共事業でマネーをばらまけばいい。

 これはすべて間違いである。順にみていこう。」

 と言って、自分の考えを開陳されている訳ですが、そのうちの「2」についての説明がどうも頂けないのです。

「一般論としては、マネタリーベースを増やせばマネーストックも増えることが多い。上の図でも、金利が高かった1980年代後半から90年代前半にかけては、マネタリーベースの動きとマネーストックの動きはかなりパラレルになっている。しかしデフレでゼロ金利になった2000年代には、両者の動きにはまったく相関がない。これは流動性の罠に入ったためだ。・・・と言ってもわからないと思うので、たとえ話で考えよう。日銀の供給する資金をバナナと考えると、金利はその値段だ。値段がついているうちはバナナの量を増やせば売れ行きも増えるが、バナナが増えすぎて値段がゼロになったら、それ以上増やしてもバナナは売れず、店に「ブタ積み」になるだけだ。」

 
この池田氏の説明を聞いて貴方はどう感じているでしょう?

 そのとおりだと思います?

 そういう人は殆どいないと思うのです。というよりも、難しすぎてよく分からんという人が大半ではないでしょうか。

 ただ、池田氏の名誉のために言っておくと、彼の考え方は非常に筋が通っているのです。従って、
何を言いたいかがよく分かる‥私にとっては。しかし、その一方で、どうも教科書的な教えに忠実過ぎて、現実をみていない。

 先ず、池田氏は、流動性の罠に入ったために、マネタリーベースとマネーストック、つまりマネーサプライ、もっと言えば世の中に出回る通貨の総量の関係が希薄になったと言うのですが、これが大変ミスリーディングであるのです。

 流動性の罠に入ると、世の中に出回る通貨の総量が増えない。それは、そのとおり。

 では、流動性の罠とは何か?

 流動性の罠とは、人々の現金を保有しようという選好が強くなることによって、現金が退蔵されてしまう状態を言うのです。

 つまり、人々が何らかの理由によって現金フェチになってしまうと、お金を銀行に預けたり、あるいは国債に投資したりするのが嫌になり、タンス預金に精を出すことになる。だから、どれだけ中央銀行が市場にお金をばら撒こうとしても、人々のそうした現金フェチ的行動によって阻止されてしまうであろう、と。

 確かに、ゼロ金利になった2000年前後にはペイオフ解禁が関心を呼び、人々が現金フェチになり、マネーストックが減少したのはそのとおりなのです。

 但し、池田氏は大切なことを見落としている。

 彼はこう言います。「デフレでゼロ金利になった2000年代には、両者の動きにはまったく相関がない。これは流動性の罠に入ったためだ」

 いいですか? 人々が現金フェチになった(つまり流動性の罠にはまった)のは、金利がゼロになったからではないのです。断じてそうではない。人々は、自分たちが預けている預金が本当に安全なのか、それが心配になったから預金を下ろしたり、預金を預けたがらなくなったのです。

 その証拠に、それからしばらくして不良債権の問題が解決した後は、今もそうですが、どんなに金利がゼロに限りなく近くても、人々は銀行にお金を預け、また国債を購入している訳ですから、決して
現金フェチではなくなっているのです。

 つまり、ゼロ金利だから流動性の罠に陥るというのは、全く本来の流動性の罠の意味をはき違えているのです。

 一方、流動性の罠に陥ったら、世の中に出回る通貨の総量が増えにくくなるのはそのとおり。しかし、ゼロ金利政策を採用しているから流動性の罠に陥っていると考えるのは、おかしい!

 但し、何故そのような「流動性の罠」の誤用が起きているかと言えば、クルーグマン教授がそのような意味で「流動性の罠」を使用しているからで、本来それは「金融政策の罠」とでもいう状態なのです。

 次に、池田氏は、たとえ話を持ち出します。普通、たとえ話というのは、それを聞いてなんとなく分かったような気になるから意味があるのに‥このたとえ話は頂けません。

 彼は、日銀の資金をバナナと考えよと言います。バナナに値段がついている間は、バナナが安くなればなるほど需要は増えるであろうが、バナナがタダになるとバナナはブタ積みになる、と。

 そんなバナナ!

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「有事の宰相」としてはふさわしくない菅首相

    舛添要一

    05月16日 08:27

  2. 2

    100円が2070万円に…GⅠ史上最高配当が飛び出した2015年ヴィクトリアマイルの大波乱

    村林建志郎

    05月16日 07:59

  3. 3

    ヒートアップする言論、スルーする回答

    ヒロ

    05月16日 10:41

  4. 4

    「緊急事態でも通勤ラッシュは三密状態」日本人が自粛をしなくなった本当の理由

    PRESIDENT Online

    05月15日 11:42

  5. 5

    結局、政府がやってるのは楽で目立つところだけ。やるべきことはみんな置き去り

    青山まさゆき

    05月16日 08:18

  6. 6

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  7. 7

    河野太郎氏 自動車の住所変更オンライン手続きに特例創設

    河野太郎

    05月16日 09:22

  8. 8

    「日本式の漫画は韓国・中国に惨敗」『ドラゴン桜』のカリスマ編集者が挑む"ある試み"

    PRESIDENT Online

    05月16日 15:26

  9. 9

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  10. 10

    国会終盤戦は荒れ模様。一部野党の審議拒否連発で、非生産的な国会運営が続く…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月15日 08:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。