記事

フランス人が書いた世界情勢地図がおもしろい

1/3

私は地図好きです。次の総選挙で小選挙区で当選したら「自分へのご褒美」で地球儀を国会事務所用に買おうと思っているところです。そんな地図マニアにはたまらない地図をご紹介します。フランスのユベール・ヴェドリーヌ元外務大臣と国際関係戦略研究所のパスカル・ボニフォス所長の共著「世界情勢地図」(ディスカバリー・トゥエンティワン、2016年)という本(というか地図)です。

この本を読むと「フランス人はこんなふうに世界を見ているのか」という感覚がわかる気がします。フランス人の世界の見方は、米国人や英国人とは異なります。フランス人の国際政治の専門家の見方は、新鮮だったり、驚きだったり、おもしろいです。

日本人(および、日本の政策決定者)の思考にもっとも影響を与えている外国は、米国だと思います。その次は英国でしょうか。米国の政治や経済は、日本で大きく報道されます。英国もそこそこ報道されます。また日本の官僚や知識人の多くは英語教育を受け米国留学組です。その次に多いのが英国留学組でしょう。従って、日本の政策決定者の多くは、英米事情は詳しくても、その他の国はよく知らないと感じます。

いろんな意味で米国や英国の影響は大きく、知らず知らずのうちにアングロサクソン流思考の影響を受け、米国流や英国流の考え方を「世界標準」だと誤解してしまいがちです。*厳密にいうと米国と英国もだいぶ文化や思考法は異なります(ジョージ・バーナード・ショーが「英国と米国は、英語という共通の言語によって隔てられている」と言ったと言われているように)。

そんな中で西洋文明の中でも色合いの異なるフランス人やドイツ人の思考法や世界の見方を知ることは、バランス感覚を取りもどすために有益だと思います。世界にはいろんな見方がありますが、それを実感するのに便利な道具が世界情勢地図です。

世界情勢地図には「文明の衝突」のページがあり、国際政治学者のサミュエル・ハンティントン氏の8つの文明の区分を採用して解説しています。8つとは「西洋文明」「ラテンアメリカ文明」「東方正教会文明(ロシア、ギリシア等)」「アラブ・ムスリム文明」「アフリカ文明」「仏教・儒教文明(中国等)」「ヒンドゥー文明」「神道文明」です。

あわせて読みたい

「書評」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  2. 2

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  3. 3

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

  4. 4

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  5. 5

    印象論で政権批判 NEWS23に苦言

    和田政宗

  6. 6

    なぜ日本経済は低成長に喘ぐのか

    澤上篤人

  7. 7

    母親が米議会乱入「地に堕ちた」

    Rolling Stone Japan

  8. 8

    大戸屋TOBは企業「乗っ取り」か

    大関暁夫

  9. 9

    尾身会長が求めるリーダーの姿勢

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    諸行無常なオタ活に感じる輝き

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。