記事

英・EU通商協定が合意の見通し、ジョンソン首相が閣議で報告

EPA/ Reuters イギリスのボリス・ジョンソン首相と欧州委員会のウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長

イギリスと欧州連合(EU)の通商協定が近く合意に至る見通しだ。ボリス・ジョンソン英首相が23日、閣議で明らかにした。

通商協議では漁業権や競争のルールなどで両者の立場に大きな溝があり、数カ月にわたり交渉が難航していた。

しかしBBCのローラ・クンスバーグ政治編集長によると、英首相官邸は協定締結に「大いに自信を持っている」ようだ。

イギリスとEUの交渉官は現在、最終的な詳細を詰めている段階という。正式な発表はイギリス時間の24日朝になる見通し。

協定は約2000ページに及ぶもので、ブレグジット(イギリスのEU離脱)の移行期間が終了する12月31日までに、双方の議会で承認される必要がある。

協定が結ばれなかった場合、来年1月1日からEUとイギリスがお互いに関税を課すことになり、物価などに影響が出ると懸念されていた。

<関連記事>

EU関係筋によると、ジョンソン首相と欧州委員会のウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長は、クリスマス休暇で交渉が中断する前に膠着(こうちゃく)状態を打破しようと連絡を取り合っていた。

イギリスは来年1月から漁業権を掌握し、現在のEUの割り当て制度よりも多い漁獲量を確保したいとしていた。

しかしEU側は、新たな漁業システムには段階的に移行することを希望し、フランスやスペインなど加盟国が引き続きイギリスの漁業水域で操業できるようにする取り決めを求めていた。

また、イギリスの企業に引き続きEU域内の企業と同じ競争ルールを適用するかどうかや、今後、貿易紛争が起きた場合にどのように解決すべきかについても意見が割れていた。

イギリスは現在の移行期間中はEUの通商ルールに従っているものの、複数の閣僚が、移行期間の延長はありえないと繰り返していた。

英与党・保守党の離脱推進派議員が構成する議連「欧州調査グループ(ERG)」は、合意に達した協定について、「生え抜き」の弁護士団に精査させると述べている。

ERGのマーク・フランソワ会長とデイヴィッド・ジョーンズ副会長は、「内容を詳しく精査し、イギリスの主権を本当に守るものか確かめる」と述べた。

(英語記事 UK-EU trade deal expected, as cabinet briefed

あわせて読みたい

「EU」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  4. 4

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  5. 5

    五輪中止で32年開催狙うか 英紙

    ロイター

  6. 6

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

  8. 8

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  9. 9

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  10. 10

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。