記事
  • ロイター

米ボーイング、インドでの部品製造計画を延期=関係筋


[ニューデリー 23日 ロイター] - 米航空機大手ボーイングは、2022年からインド南部カルナタカ州で部品を製造する計画を延期した。新型コロナウイルスの感染の影響で航空機需要が落ち込んでいることが理由という。2人の関係者が23日、ロイターに明らかにした。

ただ、定期的にこの計画を見直し、需要が回復すれば変更する可能性があるという。

ボーイングはカルナタカ州で電気信号を機械的動作に変換するためのシステムと部品の製造を計画していた。

関係筋によると、人材面での影響はないが、今後インド国内にある複数拠点をベンガルール空港近くに集約し、研究・開発に注力する計画という。

ホンダもインド国内の2工場で行っていた生産を1つの工場に集約すると発表している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  2. 2

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  3. 3

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

  4. 4

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  5. 5

    印象論で政権批判 NEWS23に苦言

    和田政宗

  6. 6

    なぜ日本経済は低成長に喘ぐのか

    澤上篤人

  7. 7

    母親が米議会乱入「地に堕ちた」

    Rolling Stone Japan

  8. 8

    大戸屋TOBは企業「乗っ取り」か

    大関暁夫

  9. 9

    尾身会長が求めるリーダーの姿勢

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    諸行無常なオタ活に感じる輝き

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。