記事

売れているのに変える? ホンダが「N-BOX」をマイナーチェンジ

1/2

5年連続で軽自動車ベストセラーの座に君臨するホンダ「N-BOX」がマイナーチェンジを実施した。売れている車種だけあって大きな変更点はないが、その中でデザイナーやエンジニアが手を入れた箇所とはどこなのか。事前説明会での情報を中心にお届けしよう。

日本で最も売れているクルマ「N-BOX」がマイナーチェンジ。どこが変わった?

なぜN-BOXの人気は根強いのか

全国軽自動車協会連合会が発表した今年11月の車種別新車販売台数によると、ホンダ「N-BOX」は昨年12月から12カ月連続でトップの座を守り続けている。2020年1月からの累計販売台数は18万2,557台に達した。

2位のスズキ「スペーシア」は12万9,104台、3位のダイハツ工業「タント」は12万106台なので、2位以下には5万台以上の大差をつけていることになる。12月中の逆転は難しそうなので、2014年からの6年連続年間ベストセラーはほぼ確実だろう。だからこそ、12月24日のマイナーチェンジに対しては「必要ないんじゃない?」という声も聞こえてきそうだ。

新型「N-BOX」にはノーマルとカスタムの2種類があり、それぞれで「G」「L」「EX」の3グレードが選べる。ターボはLとEXに設定。コーディネートスタイルはLで選択可能だ。価格はノーマルが142.89万円~202.29万円、カスタムが176.99万円~223.3万円。このほかにスロープ仕様の用意がある

N-BOXの初代が発売となったのは2011年のこと。初代はモデル末期になっても販売台数第1位の座にあったが、ホンダは2017年8月にフルモデルチェンジを実施し、現行型に切り替えた。その結果が、現在までのN-BOXの人気ぶりにつながっているのだ。王者の進化とはどうあるべきかを、ホンダはわきまえつつあるのかもしれない。

なぜN-BOXの人気は根強いのか。マイナーチェンジ発表の事前取材で本田技研工業 商品ブランド部 商品企画課の樽谷眞氏は、同社の創始者である本田宗一郎氏の「ユーザー目線で考え、既成概念に囚われない」という教えに言及しつつ、軽自動車の常識を破る空間、質感、走りなどでゲームチェンジを狙ったことがN-BOXの成功に結びついたと解説した。

車体後部のフロアを低くしてスロープ状にした車種を初代から用意したことも新しい提案だったという。他車の車いす仕様車のような扱いとせず、普通のバリエーションとしてラインアップに加えたことで、自転車や耕運機を乗せて運ぶなど、幅広い使い方に対応することができた。その結果としてユーザー層が広がったそうだ。

スロープ仕様がユーザー層の拡大に一役買っている

N-BOXのようなスーパーハイトワゴンは、子育て中の母親がユーザーとなることが多い。N-BOXも2011年に登場した頃は、ママユーザーが4割を占めていたという。しかし、走りの良さやマルチパーパス性などが評価され、今は男女比が半々になっているとのことだ。

似ているようで違う顔つき

説明会場には新型N-BOXの他に「N-WGN」、「N-VAN」、そして、先月フルモデルチェンジを実施した「N-ONE」も置かれていた。「N for Life」をコンセプトに掲げる「Nシリーズ」の4台だが、11月の販売台数を見るとN-BOXが1万5,000台以上であるのに対し、他の3車種はいずれも5,000台に届いていない。ホンダとしてはN-BOXを「Nシリーズ」の牽引役に位置付け、プラットフォームやパワートレインを共用しているシリーズ全体のアピールにも注力していく方針だ。、

ホンダの軽自動車商品群「Nシリーズ」

では、N-BOXのデザインはどう変わったのか。本田技術研究所 デザインセンターでエクステリアデザインを担当する石川厚太氏からは、ノーマルとカスタムの違いをより明確にしたという説明があった。

マイナーチェンジなので変更点はフロントまわりに留まるが、まずノーマルはグリルのスリットやクロームメッキの帯の位置が異なり、バンパーの開口部にもクロームのバーを入れている。ヘッドランプも瞳のような奥行きを感じるようになった。

ノーマルのフロント

グリルの変更により、多くの人は高級感が増したと思うだろう。バンパーのバーは低重心を強調するものだそう。N-ONEはモデルチェンジで開口部を広げていたが、手法は異なるものの目的は同じだ。

カスタムはグリルやバンパーの開口部を広げた。ヘッドランプを貫くように左右に伸びたクロームメッキのバーは、ノーマルのグリルと同様に凝った造形になった。バンパー開口部左右を囲むようにクロームが追加され、ナンバープレートの取り付け位置が中央に移動したことも特徴だ。いずれも押し出し感を強調したという。

カスタムのフロント

同じデザインセンターでCMF(カラー・マテリアル・フィニッシュ)を担当する濱村奈奈絵氏によれば、ボディカラーはノーマルにホワイトパール、カスタムにブルーメタリックを新色として追加。ノーマルのインテリアはベージュだった部分をブラウンとしたそうだ。カスタムでは逆に、インパネやドアトリムのブラウンだったパネルをダークブルーとした。

あわせて読みたい

「ホンダ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  2. 2

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  3. 3

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  5. 5

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  6. 6

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  8. 8

    なぜ国会議員は居眠りするのか

    千正康裕

  9. 9

    20年後の日本は「超独身大国」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    コロナ闘病した医師が明かす教訓

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。