記事

コロナインフレ

1/2

一刻も早くコロナ禍を乗り切るためにはと、各国は感染抑止やら経済活動維持やらが急務となっている。

このままでは、世界経済は縮小のサイクルに落ちていき、みなが貧しくなるデフレ突入も免れない。

それで、もう後のことなど構ってはおれないという勢いで、財政支出の拡大と大量の資金供給に突っ走っている。

各国の政府債務の急拡大ぶりも、中央銀行の財務の異常なる肥大化も、ここはやむを得ないというのが世界の共通認識となっている。

それどころか、インフレ待望論さえ持ち上がってきそうな全体の流れである。

事態の深刻さと、この状況打破の喫緊さから判断するに、いまは何をやっても許されるといった雰囲気である。

これは、為政者や政策当局にとっては願ってもないこと。 将来どこかで、無謀なる政策に走ったと責任を追及されなくて済む。

財政の深刻なる悪化も、国の債務拡大も、中央銀行による財政ファイナンスも、その先で待ち構えているハイパーインフレも、コロナか禍で仕方なかったといえばいいのだ。

日銀の黒田総裁による株式ETFの大量購入といった、世界の中央銀行では例をみない暴挙も、あれはやむを得なかったで済まされよう。

暴挙? 日銀が日本最大の株主に躍り出たはいいが、株主としての責任はまったく果たさないどころか、売るに売れない資産勘定を34兆円も抱え込んでいるのだ。

あわせて読みたい

「日本経済」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。