記事

【読書感想】ゲンロン戦記-「知の観客」をつくる

1/2

ゲンロン戦記-「知の観客」をつくる (中公新書ラクレ, 709)
作者:東 浩紀
発売日: 2020/12/08
メディア: 新書






Kindle版もあります。

ゲンロン戦記 「知の観客」をつくる (中公新書ラクレ)
作者:東浩紀
発売日: 2020/12/11
メディア: Kindle版

内容(「BOOK」データベースより)
「数」の論理と資本主義が支配するこの残酷な世界で、人間が自由であることは可能なのか?「観光」「誤配」という言葉で武装し、大資本の罠、ネット万能主義、敵/味方の分断にあらがう、東浩紀の渾身の思想。難解な哲学を明快に論じ、ネット社会の未来を夢見た時代の寵児は、2010年、新たな知的空間の構築を目指して「ゲンロン」を立ち上げ、戦端を開く。ゲンロンカフェ開業、思想誌『ゲンロン』刊行、動画配信プラットフォーム開設…いっけん華々しい戦績の裏にあったのは、仲間の離反、資金のショート、組織の腐敗、計画の頓挫など、予期せぬ失敗の連続だった。悪戦苦闘をへて紡がれる哲学とは?ゲンロン10年をつづるスリル満点の物語。

 僕は「起業家の自伝」って、大好きなんですよ。
 大変下世話な趣味で申し訳ないのですが、理想や野望に燃えて会社や組織を立ち上げた人たちが、現実の荒波にもまれて資金繰りにあえいだり、仲間に裏切られたりしていくのは、本当に「人生」だよなあ、と思うのです。

fujipon.hatenablog.com

 こんなに面白そうなら、僕も起業とかやってみたかったなあ、なんて考えることもあるのです。そう簡単に成功する世界ではないので、たぶん、やらなくてよかったのでしょうけど。そもそも、勤勉な人、粘り強い人、そして、運が良い人じゃないと、なかなかうまくいかないよなあ。

 ぼくは1971年生まれの批評家である。1990年代に批評家としてデビューし、2000年代にはそれなりにメディアに出ていた。本書を手に取った読者には、そのころのぼくを記憶されている方も多いかもしれない。

 けれどもぼくはそのあと、メディアから距離を置き、東京の片隅に引きこもって小さな会社を経営することを決意した。その会社の名が、本書のタイトルになっている「ゲンロン」である。

 ゲンロンは2010年に創業された。2020年で10年になる。本書はそんな10年の歩みをぼくの視点から振り返った著作である。

 本書は批評の本でも哲学の本でもない。本書で語られるのは、資金が尽きたとか社員が逃げたとかいった、とても世俗的なゴタゴタである。そこから得られる教訓もとても凡庸なものである。

 この『ゲンロン戦記』、批評家の東浩紀さんの著作(語り下ろし)なのですが、難しいことをずっと言い続けてきた、立派な「批評家」が、『ゲンロン』という会社の経営をやることになり、さまざまな困難に直面しながら、現実に適応し、人間として成熟していく経過が赤裸々に語られているのです。

 僕はこれを読んでいて、自分の子どもが生まれて、子どもの幼稚園や学校での行事に参加するようになり、今まで自分が関わってこなかった「近所づきあい」や「子どもの同級生の親たちと何かを一緒にやること」に、ひたすら困惑していたのを思い出しました。

 東さんが経験してきたことに比べたら、ずっと普通で、当たり前のことなのですが、それでも、「ああ、自分は少し、まっとうな大人になってきているのかもしれないな」と、感じてもいたんですよね。

 東さんは、「世俗的」とか「凡庸なもの」だと仰っていますが、東さんのような「世俗を超越した文化人」が、会社経営というドロドロした現場に投げ出され、その中で裏切られたり絶望したりしながら、『ゲンロン』という会社を続けていくという行為は、僕にとっては、すごく「批評的」「哲学的」なものに思えたのです。

fujipon.hatenadiary.com

 2014年に上梓されたこの本のなかで、東さんはこう書いておられます。

 ぼくらはいま、ネットで世界中の情報が検索できる、世界中と繋がっていると思っています。台湾についても、インドについても、検索すればなんでもわかると思っています。しかし実際には、身体がどういう環境にあるかで、検索する言葉は変わる。欲望の状態で検索する言葉は変わり、見えてくる世界が変わる。裏返して言えば、いくら情報が溢れていても、適切な欲望がないとどうしようもない。

 いまの日本の若い世代――いや、日本人全体を見て思うのは、新しい情報への欲望が希薄になっているということです。ヤフーニュースを見て、ツイッタ―のトピックスを見て、みんな横並びで同じことばかり調べ続けている。最近は「ネットサーフィン」という言葉もすっかり聞かれなくなりました。サイトから別のサイトへ、というランダムな動きもなくなってきていますね。

 ぼくが休暇で海外に行くことが多いのは、日本語に囲まれている生活から脱出しないと精神的に休まらないからです。頭がリセットされない。日本国内にいるかぎり、九州に行っても北海道に行っても、一歩コンビニに入れば並んでる商品はみな同じ。書店に入っても、並んでる本はみな同じ。その環境が息苦しい。

 国境を越えると、言語も変わるし、商品名や看板を含めて自分を取り巻く記号の環境全体ががらりと変わる。だから海外に行くと、同じようにネットをやっていても見るサイトが変わってくる。最初の一日、二日は日本の習慣でツイッタ―や朝日新聞のサイトを見ていても、だんだんそういうもの全体がどうでもよくなっていく。そして日本では決して見ないようなサイトを訪れるようになっていく。自分の物理的な、身体の位置を変えることには、情報摂取の点で大きな意味がある。

 というわけで、本書では「若者よ旅に出よ!」と大声で呼びかけたいと思います。ただし、自分探しではなく、新たな検索ワードを探すための旅。ネットを離れリアルに戻る旅ではなく、より深くネットに潜るためにリアルを変える旅。

 東さんは、『ゲンロン』を運営するにあたって、大学や文壇に属する批評家、から、「人々の欲望や資金繰り、裏切りが入り乱れる会社経営者」として「リアルを変える旅」に出たのです。

 この『ゲンロン戦記』は、生々しすぎて、かえって、「こういうのが『哲学の実践』ではないのか」と僕は感動しました。

 『ゲンロン』は、「思想地図β vol.1』という思想誌の大ヒットで、順調なスタートを切ったかのように見えました。最終的に3万部くらい売れたそうです。東さんは、かねてからの編集者や出版社への不満から、「理想主義的な印税の計算」を試み、雑誌でありながら、印税率15%という破格の印税率を設定したそうです。

 いまのゲンロンはこんな印税率ではやっていません。単行本の印税は業界標準の10%ですし、雑誌もふつうに原稿料ベースの買い切りです。そうでないと会社が維持できないからです。

 その後、信頼していたスタッフの預金使い込みが発覚するなど、創業時からのメンバーはどんどんいなくなってしまうのです。

あわせて読みたい

「東浩紀」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  2. 2

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  3. 3

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  4. 4

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  5. 5

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  8. 8

    なぜ国会議員は居眠りするのか

    千正康裕

  9. 9

    20年後の日本は「超独身大国」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。