記事

「安倍さんから1億きとるで!」裁判長、私は河井夫妻の「汚い金」をこう使いました 百日裁判の法廷ですっぱ抜かれた、とんでもない使い道 - 常井 健一

 絶対に笑ってはいけないはずの室内が失笑に包まれた。

【写真】この記事の写真を見る(4枚)

「私はパチンコが大好きで、3日に1回通っていました。やみつきになっていましたが、妻は嫌いでした。うちでは金は妻が握っている。パチンコ代をくれるように要求して、妻から現金をもらっていました」

 これは、閑古鳥が鳴く居酒屋で聞かされたおじさんの愚痴ではない。12月9日、公職選挙法違反の罪に問われている元法相、河井克行被告の刑事裁判で検察官が朗読した、元広島県安芸高田市議(70)の供述調書である。(全2回の1回目/続きを読む)

「妻に『パチンコやりたい』とせびっても……」

「参院選で家内(河井案里被告)を頼むけえ」

 元市議は現職だった2019年6月、自宅を訪ねてきた夫の克行被告から広島弁でそう言われ、現金10万円の入った白い封筒を手渡された。「これはいけませんよ」と言って突き返そうとしたが、「まあまあ」とあしらわれ、封筒は安倍晋三首相(当時)と案里被告の顔写真が載ったポスターと一緒に置いていかれたという。

元法務大臣、河井克行被告 ©️AFLO

 違法な現金の使い道は、東京地裁第102号法廷でこのように明かされた。

「妻に『パチンコやりたい』とせびっても、『金がない』と言ってくれないから、河井先生からもらった10万円はありがたい、『ラッキー、パチンコに使える!』と思い、吉田町のパチンコ店に行きました。1、2カ月で10回くらい行って、負け続けました。それで全額を使い果たしました」

 元市議は連続当選5回のベテランだったが、河井夫妻が起訴された今年7月に自ら辞職している。6月には記者会見を開き、封筒の中身を確認せずに燃やしたと説明していたが、検察の取り調べでは完落ち。実際はパチンコに使ったという不都合な真実を白状したというわけだ。

 この供述が読み上げられた日の大法廷に克行被告の姿はあったが、元市議は呼ばれていなかった。鉄面皮のごとき無表情の男性検事が約4000字の調書を機械的に読み上げることで「醜態」はつまびらかにされ、傍聴席や記者席からの笑いを誘ったのである。

十人十色「汚い金」の人間くさい使い道

 河井夫妻による大型買収事件は舞台となった地元・広島に止まらず、日本政治の中枢までも混乱の渦に巻き込み、7年以上も続いた長期政権に退場を促した。その真相解明は8月から東京地裁の法廷で行われている。

 時に癇癪を起こす夫の克行被告、泣き笑いを繰り返す妻の案里被告。「選良」にあるまじき夫婦の奇行が報じられてきたが、週3回程度のペースで開かれる審理では、広島の政界関係者ら100人に対し、総額2901万円が配られた個々の状況が粛々と取り調べられている。

 筆者は連日、その様子を傍聴席から眺めてきた。「安倍首相側近」の異名を笠に着て、傍若無人に振る舞い、人の弱みにつけ込んできた克行被告の所業には呆れ返る。その反面、思わず聞き入ってしまうのは、被買収者たちの十人十色とも言える「汚い金」の使い道だ。

 立場のある人間があぶく銭を手にした瞬間に「下心」を顕わにする。彼らの多くは検察の事情聴取で「反省」を口にしながら、不正な裏金をちゃっかり使い切っていたのだ。その用途は卑小にして、すこぶる人間くさい。

「ゼッタイ、1億か、2億はきとるで」

 たとえば、現金50万円をもらった60歳の広島市議(当選2回)の場合。彼は昨年春の統一地方選では、河井夫妻が住む地域の選挙区(定員10)において候補者16人中トップで当選を果たした人物だ。

 河井被告はその市議に2度に分けて現金を渡した。1度目は市議選の真っ只中に市議の選挙事務所を訪ね、30万円を置いていった。その時、「これ、総理から」と口にした。

 2度目は、問題の参院選が公示される1か月前。こんどは市議の個人事務所を訪ね、地元病院の理事長と会うための仲介や住民が案里被告を囲む飲み会の開催、選挙はがきの宛名書きなどを頼んだ。そして帰り際に「あ、これ、気持ちですから」と言い、1万円札が20枚入った白い封筒を渡した。

 驚くことに、市議は2度目の一部始終をICレコーダーでひそかに録音していた。しかも事件発覚後、それを検察に提出したのだ。約30分に及ぶ音声は、今年10月13日と12月2日に行われた公判で計2度、いずれもノーカットで再生された。

市議「なんぼ入っとった?」

「20(万円)」

市議「軽い感謝やな~。今日、(克行被告が)文句言ってきたら、たたき返したろうと思って、(1度目にもらった)30万円は持ってきた。よっぽど、お金持っとるんじゃのお。ゼッタイ、1億か、2億はきとるで。安倍さんか、どっかから」

 録音データの中には、克行被告が立ち去った後に市議とその妻の間で交わした、こんなやりとりが残されていた。

 後日明らかになったように、参院選をめぐり河井案里陣営には自民党本部から1億5000万円もの選挙資金が振り込まれていた。市議が妻にぼやいた「ゼッタイ、1億か、2億はきとるで」は御明算だった。

8月、家族で出かけた先は……

 しかし、それほど鼻が利く市議であっても、大きな「誤算」があった。自分がもらった50万円のとんでもない使い道が、克行被告の弁護人によってすっぱ抜かれてしまったのだ。

 12月2日の公判に検察側の証人として出廷した市議は、裏金の扱いについて「(河井夫妻の初公判があった)8月25日に克行被告の国会事務所に現金書留で送った」と証言した。

 一般的に、今回のようなお金は受け取った時点で河井夫妻に領収書を発行し、その年の政治資金収支報告書に記載しなければ、後になって返金したとしても罪に問われてしまう。それでも市議が返金したことを法廷で強調したのは、自らの信用性を繕おうとしたからだろう。

 ところが検察にそう答えた約1時間後、克行被告に雇われたヤメ検弁護士がこう質した。

「あなたは(参院選直後の)昨年8月に家族でグアム旅行に行っていますねえ。9月には170万円になったクレジットカードの返済がある。それに(克行被告からの)50万円を充てませんでしたか?」

 ぐあむ?

 さっきと話が違うじゃないか――。

 私の頭の中には、南国の青い空と海、まっしろな浜辺で笑いながら寝そべる市議の姿がチラついた。

 市議は「そうです」と応じ、「手持ちがないので正直に『使った』と言いました」と続けた。

 痛いところを突かれたのだろう。モニターを通した「ビデオリンク方式」での尋問だったため、広島地裁の別室にいる市議の表情は東京地裁の傍聴席からはつかみにくい。だが、弁護人の暴露をきっかけに、市議の受け答えはしどろもどろになった。

 ちなみに、その後の12月15日、広島市議会は河井被告から現金を受け取った一部議員に対する辞職勧告決議案を否決した。「汚い金」でグアム旅行を楽しんだ市議の例だけでなく、12月21日の公判では69歳の同僚市議が裏金50万円の一部でゴルフに興じていたという醜態が新たに明るみに出た。

 彼らは、現在も議員バッジを付けている。

「汚れたカネだ」と知りながら…72歳副議長は裏金10万円で孫にプレゼントを買った へ続く

(常井 健一)

あわせて読みたい

「河井克行」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  2. 2

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  3. 3

    菅首相は玉木氏提案を受け入れよ

    早川忠孝

  4. 4

    大戸屋TOBは企業「乗っ取り」か

    大関暁夫

  5. 5

    家計が炎上した年収1000万円夫婦

    PRESIDENT Online

  6. 6

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  7. 7

    今の改正案では医療崩壊を防げぬ

    玉木雄一郎

  8. 8

    慰安婦判決は異常 迷走する韓国

    コクバ幸之助

  9. 9

    非現金決済は差別? 米社会で変化

    後藤文俊

  10. 10

    時短従わぬ店への過料は「違憲」

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。