記事
  • ロイター

トランプ氏、米国防権限法案に拒否権 安保措置に欠くと批判


[ワシントン 23日 ロイター] - トランプ米大統領は23日、2021年度の国防予算の大枠を定める総額7400億ドルの国防権限法案(NDAA)に拒否権を行使した。米国で60年ぶりに国防権限法が不成立となる可能性もある。

同法案は議会で幅広い支持を獲得し、トランプ氏の拒否権を覆すのに必要な3分の2以上の賛成多数で可決していた。拒否権行使によって法案は議会に差し戻される。

トランプ大統領は拒否権について、「重要な国家安全保障に関する措置を盛り込んでいない」ほか、米軍への尊重を怠り、国家安全保障や外交政策面で米国を最優先する自身の政権の取り組みに反すると説明。「中国やロシアへの『ギフト』のようなものだ」と非難した。

トランプ大統領の拒否権が支持されれば、現役兵士の3%の昇給が遅れることになる。

トピックス

ランキング

  1. 1

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  2. 2

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  3. 3

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  5. 5

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  6. 6

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  8. 8

    なぜ国会議員は居眠りするのか

    千正康裕

  9. 9

    20年後の日本は「超独身大国」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。