記事

12月23日(水)ムネオ日記

 21日に令和2年第三次補正予算、令和3年度当初予算が閣議決定され、議員会館はめっきり人の動きがなくなった。

 例年、予算案は24、25日頃までかかっていたが、今年は先週中に大臣折衝も済み、実質終了したことになる。

 コロナはさまざまな処にまで影響を与えているとつくづく感じながら、一日も早い収束、終息を願うのみである。

 安倍前総理が任意聴取を受けたとメディアは報じている。安倍前総理が総理の時、桜を見る会の夕食会に関し「118回も虚偽の答弁をした」と野党は言っているが、安倍前総理は事務所秘書から受けた報告を正直に述べたに過ぎない。何も虚偽答弁する必要のない事案である。

 メディア、野党は、事実と異なる答弁と言われるが、自分の秘書の報告、言うことを信じるのは当然でないか。

 昭和51年7月27日、田中角栄先生が逮捕された時、中川一郎先生は記者のぶら下がりの中で「我が党の総理総裁経験者が逮捕されたという事実を重く受け止めたい。しかし私は、田中先生のようにはならない。私に何かあれば、鈴木宗男君が捕まってくれる」と述べられた。

 それを聞きながら私は身震いと鳥肌が立ち、「間違いをしてはならない。この人の為に体を張らなければならない」と自分に言い聞かせたものである。

 政治家の事務所にはそれぞれのカラー、やり方、文化があると思うが、安倍事務所も長い歴史を誇り、経験のある方が多いと思われる。

 民主主義は、約束は守るという信用、信頼が一番である。安倍前総理は、秘書の報告をよしとしたに過ぎない。

 事件性のない話を、大げさに鬼の首を取ったかのようにものを言う野党に「喝」を入れたい。

 中川一郎先生は「政治家本人と秘書との関係は夫婦のようなものだ」とよく言われた。それは信頼関係のことを表している。

 今回の安倍事務所の「桜を見る会」の件は、担当した秘書の単純な事務的ミスであり、安倍前総理の責任ではないことを私は秘書経験した政治家としてハッキリ申し上げたい。

 ムネオ日記に色々コメントを戴いているが、有難い限りである。

 「さださん、ひでおさん、山の男さん、憂国さん」いつも有難うございます。

 「がんばりおじいさん、モーヤンさん、paris16emeさん、kumaさん、kametarou2020さん」感謝しています。

 今後とも宜しくお願い致します!

あわせて読みたい

「桜を見る会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。