記事
  • ロイター

英中銀、コロナ禍後はインフレ抑制に注力を=ハルデーン理事


[ロンドン 23日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)のチーフエコノミスト、ハルデーン理事は新型コロナウイルス危機が収束した後はインフレ期待の抑制に集中する必要があるとの認識を示した。

ブルームバーグのインタビューで「世界が今最も避けたいのはインフレを巡る想定外の厄介な事態だ」と語った。

英中銀は17日の理事会でインフレ率が目標の2%を一時的に上回ることを容認する姿勢を示した。だがハルデーン氏は2%を超えるインフレ率を定着させることはできないと指摘し、そうでないと国債利回りが上昇し、政府の債務返済コストが増大し、回復が危ぶまれると述べた。

また新型コロナワクチンの接種により2021年は下半期のほうが経済にはるかに期待が持てると語った。

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  2. 2

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  3. 3

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  6. 6

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  7. 7

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    荒れるYahooコメ欄 仕方ないのか

    たかまつなな

  9. 9

    バイデン氏 15の大統領令署名へ

    ロイター

  10. 10

    歌舞伎町 6万円もらい隠れ営業も

    國友公司

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。