記事

外食店向けが新型コロナで苦戦 サッポロホールディングスが22年ぶりの赤字へ

 ビール大手のサッポロホールディングス(株)(TSR企業コード: 290073596、渋谷区、東証1部)は12月23日、通期業績予想を修正し2020年12月期(連結)の純利益が164億円の赤字になりそうだと発表した。新型コロナの影響で外食店舗のビール販売の落ち込みが響き、1998年12月期以来、22年ぶりの最終赤字の見通しだ。

 2020年12月期(連結)の業績予想は、売上高(売上収益)4,360億円(前期4,918億9,600万円)、営業利益182億円の赤字(同122億800万円の黒字)、当期純利益164億円の赤字(同38億2,000万円の黒字)で、前回予想から売上高や営業利益、当期純利益をそれぞれ下方修正した。

 連結子会社のポッカサッポロフード&ビバレッジ(株)(TSR企業コード: 294552448、名古屋市中区)の収益性が低下する見込みで、約110億円の固定資産の減損を営業費用、約215億円の同社株式の減損を特別損失に計上する。

 同日、早期退職優遇制度の実施結果を発表し、二次申請期間の制度適用人数が59名で、一次期間51名と合わせて110名が制度を利用する。

 また、連結子会社のサッポロビール(株)(TSR企業コード: 295765178、渋谷区)から230億円の配当金を12月25日に受け取る予定と公表した。

新型コロナが影響し22年ぶりの赤字へ(TSR撮影)

あわせて読みたい

「サッポロ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。