記事
  • ロイター

中国科学院のコロナワクチン、中期臨床試験で免疫反応を確認


[北京 23日 ロイター] - 複数の研究者が23日明らかにしたところによると、中国科学院が開発を進めている新型コロナウイルスワクチンは、初期・中期の臨床試験で安全性と免疫反応が確認された。

このワクチンは、中国科学院が重慶智飛生物製品の子会社と共同開発している「ZF2001」。

先月、中国で後期臨床試験が始まった。今後、中国、ウズベキスタン、インドネシア、パキスタン、エクアドルで2万9000人の被験者の確保を目指す。

これまでのところ重大な副作用は報告されていない。重慶智飛生物製品の子会社、中国科学院、その他の国内研究機関の研究者が報告書で明らかにした。

中国ではこの他に、シノファーム、シノバック・バイオテック、カンシノ・バイオロジクスのワクチンが第3相臨床試験に入っている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  2. 2

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  3. 3

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  4. 4

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  6. 6

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  8. 8

    なぜ国会議員は居眠りするのか

    千正康裕

  9. 9

    20年後の日本は「超独身大国」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。