記事

アイリスオーヤマの最年長社員が「67歳の社長室長」であるワケ

1/2

あなたの職場の「最年長社員」はどんな人だろうか。アイリスオーヤマの最年長社員で社長室長の阿部一義さん(67)は「仕事は65歳までと考えていた。しかし創業者で75歳の会長はますますパワーアップしている。私が年だとか疲れたなんて言えない」と話す。連載ルポ「最年長社員」、第13回は「生活用品メーカー社員」――。

アイリスオーヤマの阿部一義さん(67)。アイリスオーヤマ仙台青葉ビル地下1階のショールームにて - 撮影=茅原田哲郎

20代前半に起業→32歳で売却「夢とロマンと安定志向」

アイリスオーヤマの最年長社員、社長室室長の阿部一義(67)の経歴は一風変わっている。

「20代の前半に代理店を立ち上げました。当時は起業欲が強くて、20人もの従業員を雇っていたんです。代理店の後、仙台市内で飲食店を経営していました」

飲食店はうまく行っていたにもかかわらず、32歳の時に売却を決意する。自営業は不安定だ。近くに競合が出店しただけで、夜も眠れなくなる。そろそろ潮時かと思っていたとき、脱サラして店をやりたいという人が現れたので渡りに船と売り払ってしまった。

「ところが、次の仕事を考えていなかったんですよ(笑)。たまたまアイリスの面接を受けにいったら、大山会長(健太郎。当時は社長)が直接面接をして下さった。この人は日本の商習慣を根本から変える人かもしれないって、感動してしまったのです」

1986年のことである。当時のアイリスの売り上げは約30億円、2020年売り上げ見込みは約6900億円だから、わずか230分の1の規模に過ぎなかった。

「大山会長の夢とロマンに魅力を感じて入社したわけですが、本音を言うと安定志向もありました。仕事は9時5時で、2人の子供と触れ合う時間もたくさん取れると思っていたのです。自営業は夜も昼もありませんから」

しかし時代は、リゲインの「24時間戦えますか」のキャッチコピーが大流行(88年)した、バブルの絶頂期である。阿部はモーレツサラリーマンと化して、文字通り猛烈に働いた。

「わずか入社8カ月で新潟営業所の所長に抜擢されました。宮城県内に家を買ったばかりだったので焦りましたが、まあ、行ってみてから考えようと……」

ずっと人脈作りを心がけてきた

その後の阿部は、営業部門とマーケティング部門の間を往復するサラリーマン生活を送ることになる。マーケティング部門では、アイリスを飛躍的に成長させた大ヒット商品、クリア収納ケースを担当した。

「収納ケースの中が見えるようにしたのは大山会長の発案でしたが、それをベースに、蓋が半分だけ開く商品とか、衣装ケースの中に除湿剤が入っている商品とか、新商品を次々に提案していきました。出せば飛ぶように売れるので、本当に楽しくて仕方ありませんでしたね」

もちろん失敗作もなくはなかったが、阿部のマーケティング時代は総じて順風満帆であり、アイリス自体も右肩上がりの成長を続けていた。

ヒット商品の連発には、時代背景やアイリス独自の商品開発の仕組みが影響している面もあるだろう。だとすれば、阿部のサラリーマンとしてのコア・コンピタンスとは、いったいどこにあるのだろうか?

「人脈でしょうね。新潟営業所の所長に抜擢された時から、人脈作りを心がけてきましたから」

出会った人の95%は気が合う人

阿部は1995年から中部支店長、東北北海道支店長を歴任し、なんと2009年に社長室に異動になってからも一時期は東北北海道支店長、中部支店長を兼務していたという。

「美点凝視。人の短所じゃなく長所に光をあてることが大事だと思います」 - 撮影=茅原田哲郎

「社長室は仙台本社にありましたから東北北海道を見ることはできましたけれど、仙台にいながら中部支店長兼務というのは、正直言ってびっくりしました」

アイリスは「メーカーベンダー」という独特の仕組みを持っている。問屋を通さずに小売りに直販することによって、流通コストを圧縮するシステムである。このシステムを機能させるには、小売店のトップやバイヤーと濃密な関係を築くことが不可欠になる。

阿部が新潟営業所の所長になった当時、アイリスはまだまだ弱小メーカーでブランド力も乏しかったから、小売店に食い込んでいくのは簡単ではなかった。

「人間対人間で買っていただく時代でしたよね。食事を共にすることも少なくありませんでした。ゴルフのコンペにもよく行きましたけど、そこで培った信頼関係が大きな商売につながったこともあるし、プライベートでもお付き合いいただくような、深いつながりを頂戴したこともあります。

今はブランド力も向上し、『なるほど家電』を中心に商品力もあります。新商品や企画、売り場提案をしっかり行えば売り上げにつながりますが、ゴルフのコンペに誘われたらなるべく顔を出すとか、行けないなら行けないなりに誠意を持ってお断りをするとか、そうしたつながりは大切にしてほしいと思いますね」

「人間対人間」の商売において、商売を成立させるために最も重要なものとは何だろうか。

「人間力ですよね。じゃあ人間力とは何かといったら、『こいつから買いたいな』と思っていただけるかどうかですよ。人間関係って、入り口は好きか嫌いかですが、こちらがつながりを大切にしているうちに信頼関係ができてくる。それには時間が必要なんです。私はバイヤーさんと信頼関係を作るために、人一倍努力したと思います」

好き嫌いは、努力では変えられないと思うが……。

「先入観をもたず誠意を持って接する努力をすることで、出会った人の95%は気が合う人になりました」

阿部が長い年月をかけて築き上げた広く強固な人脈は、現在の社長室長としての仕事にも遺憾なく発揮されている。社長室長の仕事の中心は、会長、社長の代理を務めることにある。会長、社長が多忙で出席できない会合に代理出席し、会長、社長の代わりに得意先のトップを訪問してアイリスの直近の情報を伝える。

訪問先の幹部には、かつて阿部と一緒に仕事をしたバイヤーや商品部長が大勢いるから、何かと話が早い。裏返して言えば、得意先にとって阿部は「融通が利く」人間なのだ。

「今回のコロナ禍でマスクが不足したわけですが、得意先のトップから私のところに『何とかマスクを回してくれないか』って直接電話がかかってくるわけです。嬉しいですよね。可能な限り誠意を持ってお応えする。これがまた信頼を深めることにつながっていくんです」

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  3. 3

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  5. 5

    五輪中止で32年開催狙うか 英紙

    ロイター

  6. 6

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

  8. 8

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  9. 9

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  10. 10

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。