記事

下村健一氏インタビュー【転身編】 メディアから官邸へ ―― 決断の本当の理由と、今だから話せる官邸の第一印象 難波美帆

1/3
画像を見る新人議員から応援した友人でもある議員が、総理大臣になった。自民党から民主党へのはじめての政権交代のあとで、描いていた理想の政治はなかなか実現しない。そのとき、ニュースアンカーとしてメディアでのキャリアを築いていた50歳の男は、総理の招きに呼応して官邸に入ることを決断。民から飛び込んだ公務員の世界はどう見えたのか。批判的に見ていた日本政府を中から見ると、どう見えたのか。10月に2年の任期を終えて、退職した下村健一さんにインタビューした。

省庁では、新卒採用のはえ抜き、終身雇用の公務員ばかりではなく、少なからぬ人材がテンポラリーに働いている。政権交代後、これまでとは違う縁で、民間・異分野から省庁に入って働いている人もいる。契約条件はまちまち、それぞれの転職のきっかけも動機もまちまちだろう。インタビューした下村健一さんは、応援していた旧知の議員が総理になったという特殊な事例ではあるが、そんな新しい人材交流のひとつのケースと読むこともできる。

任期中に、総理の交代、世界史上でも稀な規模の大地震、原発事故と、激動の2年間を過ごした下村さん。この「メディアから官邸へ【転身編】」では、人生50年目の決断のきっかけから、メディアから官邸へ入った直後の戸惑いについてお話いただいた。駆け抜けた2年間の広報審議官の仕事を伺った、【広報室審議官編】とあわせてお読みいただきたい。(難波美帆)



画像を見る
下村健一氏



■メディアから官邸へ


下村 2年前の10月22日、初めて首相官邸の官房長官室に通されて、まず仙谷内閣官房長官から「内閣審議官」着任辞令の紙をもらいました。

あらかじめ考えてたわけじゃないんだけど、その紙を受け取った第一声で、「税金泥棒にならないようにがんばります」と言いました。今ふりかえってみて、その約束は守れたかというと、まったく守りきれていません。この2年間にぼくが提供した労力、成果と、いただいた給料とを天秤にかけると、まだ“泥棒”になっている。これから、政府の外に出てから、その分を返していかなきゃ、と思っています。

難波 このロング・インタビューを受けていただいたのも、「泥棒が税金を返す」作業のひとつですか?(笑)

下村 そうです。まだ全然、期待された働きはできていませんから。最終日まで、課題は残っちゃった。本当に非力で申し訳ありませんでした、とまず、インタビューを読んで下さる方々にお詫びいたします。これからお話しすることは、すべてこのお詫びが前提です。

難波 「期待された」というのは、誰かからそう言われたというより、自分の中で、こう期待されているんだろうと考えていたことですか。

下村 両方です。入るときにいろんな人から、「お前が政府のわかりにくさをなんとかして来い」と言われました。まず、いきなり去ることになって迷惑をかけた、「みのもんたのサタデーずばッと」(TBS テレビ系の報道番組:下村氏が一コーナーを担当)のスタッフたちから、「送り出してよかったと言える働きをしてくれよ」と送別会で言われました。“働き”とは何かと言えば、もちろん「政府の都合のいいようにメディアをコントロールすること」ではなく、「本当に政治が何を目指してやっているのかをわれわれ国民に届けること」と、「われわれの声を政府の中に届けること」、このふたつです。そのあと、この転身話がオープンになってからは、いろいろな人たちに同じ趣旨のことを言われました。

難波 転身について誰かにご相談したりはしなかったんですか。迷いはありませんでしたか。

下村 家族とか、当時籍を置いていた友人の会社とか、ごく身の回りの人には言いました。“サタデーずばッと”に対する申し訳なさは、一番悩みました。でも、自分の人生の選択としての迷いはなかったです。あと、期待の声以上によく言われたのが、「今までずっと権力批判の立ち位置でやってきた者が、急に権力側の犬になるのか。がっかりだ」と言う失望の声でした。でも、これもぼくの中では、まったく迷いはありませんでした。むしろ「あちら側に行ってしまうのか」と嘆く人たちに対しては、「“あちら”側じゃないでしょう。政権交代というのは、権力をこちら側に持ってくる作業でしょ。そのこちら側に持ってきたはずの権力が、今どうなってるのかよくわからないから、政権交代を選んだ国民に対して、それを見やすくするために官邸に入るんだ」というのが、当時からのぼくの考えでした。今でもそう思っています。

■実現しなかった報道官制度

難波 官邸に入ることになった《きっかけ》を聞かせて下さい。下村さんが公務員になられたのは、菅直人さんに誘われたから、ということでしたでしょうか。

下村 そうです。なぜ菅さんかと言えば、30年近く前の学生時代から、彼を手伝っていたからです。当時、菅直人の政治団体は「あきらめずに参加民主主義をめざす市民の会」という名前で、ぼくは、この人は市民参加を政治の世界に実現する人だと思って手伝い始めたんです。奇跡の当選と言われた泡沫議員1期生の青年・菅直人が、われわれ学生と一緒に酒飲みながら、「天下を取ろう!」と熱く語ってた。そのときみんな、《天下を取る》こと自体が目的ではなくて、閉鎖的な政治屋どもから天下を奪って、《市民にオープンな政治にする》ことがモティベーションでした。当時は遥か彼方の夢だったけど、民主党への政権交代で、ついにそれが実現できるポジションまで来たんですよ。入口に立ったんです。

そこでまず、民主党政権ができたとき、すぐに菅さんに電話で、「報道官をぜひ置いた方がいいよ」と言いました。テレビで各国の政府関係のニュースを見ていると、報道官という職種の人が登場して、コメントしてますよね。情報を扱うプロだから、ちゃんと記者とコミュニケーションできています。過剰に防衛的ではない。

日本だと、大臣や官房長官が会見で何か言うと、言った中身より、言ったことの政局的思惑とか、言葉尻の失言とか、「あっちの大臣の言ってることと微妙に食い違うじゃないか」とか、そういう部分ばっかりが、情報の本質より大きな伝わり方をすることが、よくありませんか? そういう部分が大事じゃないとは言わないけれど、物事の軽重の順位付けとして、これはすごーくおかしいなと、メディアにいたころから思っていたんです。政治的な責任を伴った発言や政局について聞きたいときは、議員バッジをつけてる人に聞けばいいけど、政策についてはちゃんと報道官を置いて国民に説明してよと、それが政権交代直後の菅さんへの注文だったんです。

難波 民主党が政権を取ったときに菅さんにそういう注文をし、そして菅さんが首相になったときに、下村さん自身が首相官邸に入られたんですね。

下村 いや、すぐには、手伝いに入ろうとは思いませんでした。そもそも民主党が政権とった後も、なかなか報道官は設置されませんでした。と言うか、いまだにできてません。「いろいろ難しいんだよ」みたいなことを菅さんが言って、なんか「当分ムリだな、こりゃ」と感じたんで、ぼくも距離を置いて見ていました。

もともとぼくは、政権交代には期待してたけど、1回目で簡単にうまく行くとは思ってなかったんです。必ず次の2回目(注:2012年12月に行なわれることになった総選挙) は、民主党が大敗すると思ってました。50年近く続いた堅固な体制をひっくり返して数年で、こびりついたさびが易々と落とせるわけがない。

でも、国民はそんなこと待っちゃくれないから、期待の反動の幻滅が来て、そこでわっと批判票が流れて、また自民に戻るのか他のフレームに移るのかはわからないけど、とにかく民主党政権は1期で終わる。その次の3回目の総選挙が、ほんとの大事な選挙でね。2大勢力がどっちも《与党をやって下野する経験》を持った。さぁ、そこでどんな腰すえた政権を国民が作るのか。

だから2009年8月の選挙直前、政権交代の予感でメディアの皆が浮かれているときから、ぼくは「勝負の選挙は、今回じゃないよ。3回目だよ」と言ってました。当時それを聞いた某テレビ局の中堅どころは、納得しかねる顔してましたけど。ちなみに今でも、ぼくのこの見方は変わってません。

だから、1回目の政権交代で報道官ができないのを見て、その時点で一旦距離を置きました。

あわせて読みたい

「菅直人」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「有事の宰相」としてはふさわしくない菅首相

    舛添要一

    05月16日 08:27

  2. 2

    100円が2070万円に…GⅠ史上最高配当が飛び出した2015年ヴィクトリアマイルの大波乱

    村林建志郎

    05月16日 07:59

  3. 3

    ヒートアップする言論、スルーする回答

    ヒロ

    05月16日 10:41

  4. 4

    「緊急事態でも通勤ラッシュは三密状態」日本人が自粛をしなくなった本当の理由

    PRESIDENT Online

    05月15日 11:42

  5. 5

    結局、政府がやってるのは楽で目立つところだけ。やるべきことはみんな置き去り

    青山まさゆき

    05月16日 08:18

  6. 6

    「日本式の漫画は韓国・中国に惨敗」『ドラゴン桜』のカリスマ編集者が挑む"ある試み"

    PRESIDENT Online

    05月16日 15:26

  7. 7

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  8. 8

    河野太郎氏 自動車の住所変更オンライン手続きに特例創設

    河野太郎

    05月16日 09:22

  9. 9

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  10. 10

    やはり政府が決定権を持つ蔓延防止措置は役立たずだった - 5月14日のツイート

    橋下徹

    05月16日 15:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。