記事

半沢頭取誕生で銀行は変われるのか?

[画像をブログで見る]

■【購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

三菱UFJ銀行に半沢頭取が誕生するという、人気テレビドラマを連想させるような報道が話題になっています。

堺雅人が主人公を演じるTVドラマ「半沢直樹」(写真はネットから)の原作者は、実は三菱UFJ銀行の半沢頭取と同期。銀行員時代に何かを感じて主人公に「半沢」と言いう名前をつけたのだと想像します。そうなると「直樹」の由来が、どうにも気になります。

それはともかく、半沢頭取は副頭取や常務を13人抜きの昇格。年次も大幅に若返り、従来の年功序列の慣習を打ち破ることになります。入稿年次が絶対条件だった銀行人事が、大きく変わるきっかけといえます。

三菱UFJ銀行以外の金融機関でも経営陣の若返りが進んでいます。日本経済新聞には、住友生命、りそな、SMBC日興証券などの金融機関の経営トップの若返り事例が掲載されています。

これを見ていると、いよいよ1980年代後半に入社した私と同じ世代の人たちがトップに立ち、金融機関を引っ張っていくことかわかります。

年次に関係ない実力主義で人事制度を導入するのは、そうしなければ金融機関自体の存在が危うい時代に入ったからです。若ければ良いという訳ではありませんが、実力を反映した人事を断行しなければならないお尻に火がついた状態になったということでしょう。

未だに紙の書類と印鑑、そして対面での対応に依存している非効率な金融機関の経営は、逆に言えば改善の余地が大きく、ドラスティックな改革に成功すれば大きな伸びしろがあると思います。

金融緩和の長期化や資金需要の低迷など経営環境は決して楽ではありませんが、若返った経営陣が大胆な政策をとり、低迷する日本の金融機関を大きく変革することを期待したいと思います。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2020年12月23日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログ

あわせて読みたい

「三菱UFJ銀行」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    KDDI「povo」への批判はお門違い

    自由人

  2. 2

    PCR検査で莫大な利益得る医院も

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    橋下氏 いま日本は「欠陥の車」

    橋下徹

  4. 4

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  5. 5

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  6. 6

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  7. 7

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  8. 8

    慰安婦判決は異常 迷走する韓国

    コクバ幸之助

  9. 9

    コロナ偏見を生む報道を抑制せよ

    青山まさゆき

  10. 10

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。