記事
  • ロイター

米中古住宅販売、11月は-2.5% 在庫不足などで半年ぶり減少


[ワシントン 22日 ロイター] - 全米リアルター協会(NAR)が22日に発表した11月の米中古住宅販売戸数(季節調整済み)は、年率換算で前月比2.5%減の669万戸と、6カ月ぶりにマイナスとなった。市場予想は1.0%減の670万戸だった。在庫不足と高い住宅価格が抑制要因だが、住宅ローン金利が過去最低水準にあることで住宅市場は依然底堅い。

中古住宅は住宅販売の大半を占める。11月の前年同月比は25.8%増だった。

地域別では南部と中西部、北東部で減少。西部は横ばいだった。

繰延需要や過去最低水準の住宅ローン金利を背景に、住宅市場は米経済の中で他部門よりはるかに好調だ。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により労働力人口の21.8%が在宅勤務している。在宅オフィスや在宅学習のために広い家を求め郊外や人口が少ない地域に人が移っている。

新型コロナにより米経済は2月に景気後退(リセッション)入りした。打撃を受けた人は低賃金労働者に偏っている。米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)によると、米国の30年固定住宅ローン金利は平均約2.67%で、統計を開始した1971年以降最も低い水準。

住宅の供給が需要に追い付いておらず、建設業者が建設ペースを上げているものの、住宅価格は初めての購入者の多くにとって手が届かない水準に上がっている。米商務省が先週発表した11月の住宅着工件数は、住宅市場で最も大きなシェアを占める一戸建て住宅の建設が2007年4月以来の高水準となった。

住宅在庫は前年同月比22.0%減の128万戸と、過去最低水準だった。販売価格の中央値は前年同月比14.6%増の31万0800ドルとなった。売り上げは高価格帯の住宅に集中していた。

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は先週、中銀は住宅やその他の資産の価格を注視しているものの「金融の安定という観点から住宅価格は現時点で不安視する水準ではない」と指摘。住宅価格の上昇は「需要の多さを反映しているだけだ」と述べた。

11月の販売ペースに基づく在庫の消化期間は2.3カ月と、統計開始以来の短さになった。健全な需給バランスには6─7カ月が適切とされている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  2. 2

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  3. 3

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  4. 4

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  5. 5

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  6. 6

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    なぜ国会議員は居眠りするのか

    千正康裕

  9. 9

    20年後の日本は「超独身大国」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。