記事
  • ロイター

米12月CB消費者信頼感指数、8月以来の低水準 コロナ抑制策が重し


[ワシントン 22日 ロイター] - コンファレンス・ボード(CB)が22日に発表した12月の米消費者信頼感指数は88.6と、前月の92.9から予想外に低下し、8月以来の低水準となった。低下は2カ月連続。新型コロナウイルス感染抑制策の強化を受けた労働市場の悪化を反映し、景気回復が勢いを失っていることが改めて示された。

市場予想は97.0。感染拡大前の2月の同指数は132.6だった。

現況指数は90.3と、前月の105.9から低下。一方、期待指数は87.5と、84.3から上昇した。

1年先のインフレ期待は5.9%と、5.7%から上昇。就職が「困難」であることを示す指数は22.0。前月は19.4だった。

職が十分とみる向きと就職が困難とみる向きとの差はマイナス0.2と、前月の6.9から大幅に悪化。昨年8月は38.3を記録していた。同指標は労働省が発表する失業率と連動しており、来月発表される12月の雇用統計が悪化するというエコノミストの見方を裏付けた。

所得が今後増加すると予想する向きは16.8%と、前月の16.0%から増加。所得の減少を見込む向きは14.3%と、前月の14.5%から減った。

MUFGのチーフエコノミスト、クリス・ラプキー氏は、「嵐の雲は暗さを増しており、最悪期はまだ来ていない」とし、「新型コロナの感染拡大は、議会による追加支援金の投入にもかかわらず、来年の第1・四半期に経済が惨事に見舞われることを意味している」と懸念した。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「現場の国家公務員はお茶菓子も食べない」国家公務員の士気を下げる接待騒動

    国家公務員一般労働組合

    02月26日 22:33

  2. 2

    各国が頓挫するなか日本の教育支援が起こした南東欧の国・ボスニアでの「革命的変化」

    BLOGOS編集部

    02月27日 07:05

  3. 3

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  4. 4

    政治未経験だったトランプ前大統領が受け、政治家30年以上の菅総理が受けない理由

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

    02月27日 07:34

  5. 5

    「SDGsな未来へ」が意味するもの

    自由人

    02月27日 11:16

  6. 6

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  7. 7

    3月4月頃から世界や社会の流れが「逆流」するかもしれない話

    かさこ

    02月27日 09:52

  8. 8

    そろそろ、バブル崩壊はじまるかな!

    澤上篤人

    02月26日 15:50

  9. 9

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  10. 10

    養老孟司が語る「コロナの壁」とは? パンデミックで暴かれた“日本的空気”の問題点 - 伊藤 秀倫

    文春オンライン

    02月26日 19:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。