記事

説得不可能な人を説得する方法

世間にはどうにも説得が出来ない、当たり前の理屈が通じない、という人がどうも1割くらいはおられる、ということが言われてきた。
確かに説得不可能、と思われるような人がいる、というのは私も知っている。
1割という数字はやや多過ぎるように思うが、ああ、これは説得不可能だな、と思うような人がいることは確かだ。

弁護士会の法律相談センターなどの相談では、稀にそういう方に出会うことがある。
細かく実に小さな文字で、びっしりと何枚もの便箋に自分の思いを綴って持参される方などは、紙に書かれたことの何倍もの思いを持っておられ、ご自分でも色々と勉強を重ねてこられているから、人生経験の乏しい若い弁護士などが応接しても大体は撥ね返されるだけである。

結論を急ぐ弁護士にとってこういう相談者は説得不能な人に分類されてしまうだろう。

しかし、こういう方は説得不能でも何でもない。
じっくり丁寧に話を最後まで聞けば、問題の所在が見えてくる。
単に堂々巡りをして、どこまで行っても出口がないから問題解決の方策が見つからなかっただけ、などということもある。
出口が見つからないから、些細なところで引っ掛かってそこに拘泥して先へ進めないだけ、などということもある。

こういう場合に必要なことは、相談者が抱えている問題を整理して、相談者本人の考えの道筋を作って上げて、思考が流れるようにすることである。

しばしば弁護士が相談者から聞く言葉がある。
そうなんです。私が言いたかったのはこういうことなんです。何で分かるんですか。

いい弁護士になる条件として私がいつも上げてきたのは、次の5つである。

1 人が好きであること。
2 祭りが好きであること。
3 人の言いたいことが分かること。
4 人の言いたいことを上手に表現できること。
5 法律の知識が正確で、法律を知っていること。

人の言いたいことが分かるようになれば、一見説得不可能に見えても、最後には分かってもらえるものだ。
人の言いたいことを上手に代弁できるようになれば、一見説得不可能な人でも全面的に信頼して判断を委ねるようになるものだ。

説得不可能な人を説得する方法は、ある。

しかし、それでもなお説得不可能な人はいる。
そういう説得不可能な人に如何に本当のことを伝えたらいいのかを考えあぐねているところである。

ブロゴスニュースに転載されていた田中龍作というジャーナリストの方の一文を読んでの感想である。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  2. 2

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  3. 3

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  4. 4

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  8. 8

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  9. 9

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  10. 10

    学生の自由と大人の責任。政党学生部の発言・活動に議員が介入するのは、言論封殺や圧力なのか問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月03日 08:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。