記事

イスラエル・ハマス間の軍事衝突について

先週、国際問題研究所主催のシリア問題に関する講演会で、鈴木敏郎前駐シリア大使、国連開発計画(UNDP)主催のセミナーのパネルディスカッションで岡浩外務省中東アフリカ局審議官お講和を聞く機会を得た。両氏はアラビストで中東外交において大変経験豊かな方々である。

両氏の話から、私は、中東地域の格差(国レベル、都市と地方、個人レベル)と若者層の失業問題が引き金となった市民の政治改革のエネルギーを鎮静化することの難しさを改めて認識した。

暴力行為へと発展する憎しみのエネルギーを鎮めることの難しさは、イスラエルとガザのハマスとの間で起きている現在の戦闘行為からも見て取れる。 以下では、このイスラエル・パレスチナ間の動向をはじめ中東地域での気になる2つの動きについて、それらの関係性を中心に考えてみる。  

まず、前提として「今という時期」を確認しておく。 1は、国連総会でパレスチナの「オブザーバー国家」への地位格上げ協議が本格化しようとしている。この動きに対し、イスラエルは阻止するための打倒アッバース案を作成したと報じられている(1114日付AFP)。

2は、シリア問題で11日にドーハで反体制運動の統一組織「シリア国民連合」が発足した(12日にアラブ連盟、13日にフランスが承認)。

3は、11日にイスラエルの占領下にあるシリア領ゴラン高原へシリア軍からの迫撃弾が着弾した(1973年の第4次中東戦争以来初めて)。

4は、14日にヨルダンのアンマンでアブドラ国王体制打倒の抗議デモが起き、治安部隊と衝突した。  

まず気になるのは、イランの核開発問題の動きである。 16日、国際原子力機関(IAEA)がイランの中部フォルドゥの地下施設において2784基のウラン濃縮用遠心分離器の設置を終えたとの報告を発表した(8月時点で2140基、また20%の濃縮ウランは43.4kg増の232.8kgとなった)。

ここからもわかるように、イランは核開発問題への国際圧力をかわしながら能力を高めている。IAEAは、1213日にテヘランで協議を行う予定である。

このイランの核開発問題に関し、イスラエルはいつまで、オバマ政権のイランとの対話路線を静観できるだろうか。仮に、イスラエルが静観を続けるとすれば、直面する安全保障上の脅威であるパレスチナ問題に関し米国の政治的助力を求めることが十分考えられるだろう。

そうなると、18日にイスラエルの閣議後、ネタニヤフ首相が表明したように、ガザでの軍事作戦を大幅に拡大することが現実味を帯びてくるだろう。

  次に、イスラエルの軍事関係者が懸念している、ガザ(ハマス)、南レバノン方面(レバノンのヒズボラ勢力)、ゴラン高原方面(シリア軍)という反イスラエル戦線の共同軍事行動の動向である。

今回のハマスによるイスラエルに対するロケット弾攻撃は、関係の深いシリアの現政権支援という目的もあるのではないかとも考えられる。仮にそうだとすれば、ハマスが単独で実施しているのか、それともシリア、レバノンのヒズボラ、ハマスを支援しているイランが反イスラエル戦線を連動させて動かそうとしていることの一環なのか、との疑問も湧いてくる(1117日付電子版シャルクル・アウサト紙のオピニオンで、イラン説が取り上げられていた *)。  

イスラエルのネタニヤフ首相は、来年1月の総選挙を前に、安全保障問題で国民の信頼を得る必要がある。したがって、ハマスがイスラエルを攻撃すれば、ネタニヤフ首相が過剰反応をすることが予想できる。そうすると、シリア問題に関し欧米諸国とアラブ諸国の歩調が乱れることも予想がつく。

また、ヒズボラの指導者ナスラッラー師は、アラブ諸国に対しシリア問題からパレスチナ問題に関心を移すべきだと強く主張している。 果たして、今回のハマスのロケット弾攻撃はシリア問題やイラン核開発問題との関係がないのだろうか。  

こうした疑問を持つのも、イランとシリアがこれまで周辺諸国での緊張関係を利用し、存在感を示してきた国だからだ。

現在、両国が「ブラックメール」の手法により欧米による国際秩序づくりに抵抗しているとも考えられる状況にある。

国際社会は、恐らくこれらのことを念頭に、「怯むことなく」イスラエルにガザへの軍事行動の停止を求める一方、シリア国民連合への「経済支援」「正当性の承認」を速やかに実施することが望まれる。

その際、ノーベル平和賞を受賞しているオバマ大統領の決断力が問われることになるだろう。  

http://www.asharq-e.com/news.asp?section=2&id=31846 を参照。

あわせて読みたい

「イスラエル」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党に利用された宝島社の「タケヤリ意見広告」

    渡邉裕二

    05月19日 08:10

  2. 2

    #メディアはワクチン接種を邪魔するな 2 政府のミスを見つけてくれた? ワクチンを早期に拡げて国民を助けるより政府を叩きたい!? 国を滅ぼしたい!?

    中村ゆきつぐ

    05月19日 08:20

  3. 3

    架空情報を使いワクチン接種予約した朝日新聞出版&毎日新聞 岸防衛大臣の抗議は筋違い

    諌山裕

    05月18日 14:25

  4. 4

    マリエさんの枕営業告発が一瞬で話題から消えた2つの理由

    PRESIDENT Online

    05月18日 16:25

  5. 5

    大失敗の大阪、成功の東京〜感染急増の大阪や地方と、第4波の感染抑えた東京の何が違ったのか?

    かさこ

    05月19日 08:15

  6. 6

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  7. 7

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

  8. 8

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  9. 9

    田村正和さん「静かに死にたい」本誌に語っていた人生の幕引き

    女性自身

    05月19日 08:39

  10. 10

    二階幹事長 支持率急落に“怒り”表明も「自業自得」と呆れ声

    女性自身

    05月19日 09:03

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。