記事
  • ロイター

ソフトバンクG、SPACのIPOを申請 5.25億ドル調達へ


[21日 ロイター] - ソフトバンクグループは21日、特別買収目的会社(SPAC)の新規株式公開(IPO)を米当局に申請した。5億2500万ドルを調達する計画。

SPACは買収を目的とした会社で、「ブランクチェック・カンパニー(白紙小切手企業)」とも呼ばれる。SPAC経由の上場が増加する中、ソフトバンクGもこの流れに加わった格好だ。

ソフトバンクGのSPAC「SVFインベストメント」は、ビジョン・ファンドを運営するソフトバンク・インベストメント・アドバイザーズがスポンサーとなっている。

SVFは、ソフトバンクGの既存の投資先、もしくは新規の企業に投資する可能性があるとしている。

ソフトバンクGはビジョン・ファンド第2号の外部からの資金集めが不調となったことから、SPACのIPOは投資家へアピールする機会となる。

同社は「SPACは、上場準備のできた急成長を遂げるテクノロジー企業と手を組むことを可能にし、ソフトバンクGの非公開・公開企業への投資戦略の橋渡しをする」と表明した。

買収先の業種としては、人工知能(AI)やロボット工学などを可能性として挙げた。

SVFは、クラスA普通株式1株と同株式に交換可能なワラント4分の1で構成するユニットをナスダックに上場する方針。ティッカーシンボルはユニットが「SVFAU」、クラスA普通株式が「SVFA」となる見通し。

SVFによると、1ユニットの価格は10ドル。ただ、プライシングはあくまで米証券取引委員会(SEC)への申請料を算出するための試算と説明した。

IPOはシティグループ、ドイツ・バンク・セキュリティーズ、キャンターが引き受ける。

*内容を追加して再送します。

トピックス

ランキング

  1. 1

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  3. 3

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  5. 5

    五輪中止で32年開催狙うか 英紙

    ロイター

  6. 6

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

  8. 8

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  9. 9

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  10. 10

    なぜ国会議員は居眠りするのか

    千正康裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。