記事
  • ロイター

中国シノバックのコロナワクチン、ブラジル治験で有効性証明=米紙


[21日 ロイター] - 中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)が開発中の新型コロナワクチンについて、ブラジルで実施した後期治験で有効性が証明された。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が同ワクチン開発の関係者の話として伝えた。

ブラジルのパズエロ保健相は先週、同国で2月半ばまでにシノバックと英アストラゼネカ のコロナワクチン候補の使用に向けた準備が整う可能性があるとの見方を示していた。

WSJによると、ブラジルは他国に先駆けてシノバックのワクチン「コロナバック」の後期治験を完了した。治験はインドネシアとトルコでも行われている。

ブラジルでの治験はサンパウロ州のブタンタン研究所が主導している。

WSJによると、治験で示されたコロナバックの有効性は国際的に最低必要と見なされている50%を上回った。ブタンタン研究所は23日にコロナバックの有効率を発表する見込みだという。

同研究所は21日、23日の正式発表前に出るワクチンの有効性に関するいかなる報道も「単なる憶測」だとコメントした。

シノバックはロイターのコメントの求めにこれまでのところ応じていない。

*治験実施機関のコメントを追加して再送します。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  2. 2

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  3. 3

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

  4. 4

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  5. 5

    印象論で政権批判 NEWS23に苦言

    和田政宗

  6. 6

    なぜ日本経済は低成長に喘ぐのか

    澤上篤人

  7. 7

    母親が米議会乱入「地に堕ちた」

    Rolling Stone Japan

  8. 8

    大戸屋TOBは企業「乗っ取り」か

    大関暁夫

  9. 9

    尾身会長が求めるリーダーの姿勢

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    諸行無常なオタ活に感じる輝き

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。