記事

吉川元農相の議員辞職表明から窺われるもの。体調不良もあるだろうが、皆さん、見習って欲しい

まずは、手術が上手く行くことをお祈りしたい。

入院加療中だということだったので、どう転んでも議員活動の継続は無理だろうと思っていたが、今日、吉川元農相が衆議院議員を辞職すると表明されたようである。

脇が甘い人ではあったが、私の微かな記憶から言えば、人柄は結構良かったように思う。
いわゆるケレン味のない政治家の一人で、大向こうを唸らせるようなことはないが、実直に仕事をする人だったような印象が残っている。

収賄事件の容疑で身辺に捜査の手が伸びており、退院したら間違いなく検察当局の取り調べを受ける身だったが、この段階でご自分から議員辞職を表明したことは結果的によかったと思う。

如何にも見苦しい振る舞いに終始する国会議員の姿ばかり見せられてきたので、理由の如何を問わず、ご自分から議員辞職を表明された吉川元農相の潔さが国民の記憶に残るはずだ。

どなたにしても、ご自分の出処進退の決め方は難しい。

散るときは、出来るだけパッと散ることである。

あわせて読みたい

「吉川貴盛」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。