記事

眞子さまの結婚で海外メディアが注目する、結婚の是非より深刻な日本の皇室の課題

1/2

11月30日、秋篠宮さまが記者会見で、長女眞子さまと小室圭さんの結婚を認めると述べて話題になりました。眞子さまの結婚は海外でも注目を集めていますが、元ジャパンタイムズ執行役員のジャーナリスト、大門小百合さんはこうした報道から、「日本の皇室が海外からどのようにとらえられているかがわかる」といいます――。

婚約内定の記者会見で見詰め合われる秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さん=2017年9月3日、東京都港区の赤坂東邸

婚約内定の記者会見で見詰め合われる秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さん=2017年9月3日、東京都港区の赤坂東邸 - 写真=時事通信フォト

イギリス王室の「おとぎ話」

ネットフリックスで人気のイギリスの王室をテーマにしたドラマ「ザ・クラウン」が、最近物議をかもしている。11月に公開されたこのドラマのシーズン4では、チャールズ皇太子と故ダイアナ妃の出会いと結婚、そして皇太子の不倫についても描かれていて、かなり辛辣な内容だ。日本でこのような皇室をテーマにしたドラマを作ることなどありえないと思っていたところ、イギリスの文化相が、このドラマはフィクションであると注意書きを付けるようにネットフリックス側に求めたと報じられた。

シーズン4のチャールズ皇太子とダイアナ妃が結婚するエピソードのタイトルは「おとぎ話」。このおとぎ話、現実には2人は離婚し、その後、ダイアナ妃が交通事故で亡くなってしまうため、「お姫様は王子様といつまでも幸せにくらしましたとさ」というふうにはならないが、さて、日本の皇室のおとぎ話の方はどうだろうか。

海外メディアで注目を集める眞子さまの結婚

先日、「日本のプリンセスにとって、おとぎ話のような結婚は遠い先のこと(For Japanese Princess, Fairy-Tale Wedding May Be Distant Prospect)」という見出しの記事をニューヨークタイムズで見つけた。秋篠宮さまが眞子さまと小室圭さんの結婚についてご自身の誕生日の会見で「認める」という発言をしたことについての記事だが、2人の今までの経緯を紹介するとともに、1月に王室を離れると宣言し、同じく自国の王室と不協和音をだしているイギリスのハリー王子とメーガン妃についても触れていた。

2018年5月、結婚式のあと馬車でパレードするハリー王子とメーガン妃

2018年5月、結婚式のあと馬車でパレードするハリー王子とメーガン妃 - 写真=iStock.com/AdrianHancu

「なぜ日本のプリンセス眞子の結婚は前に進んでいないのか?(Why has wedding of Japan’s Princess Mako still not gone ahead?)」という記事を掲載したのはイギリスのガーディアン紙。記事は、「2人は大学で出会い、大陸と海を隔て離れ離れになっているにもかかわらず、2人の心の絆は明らかに今まで以上に強まっている。しかし、彼らのウェディングベルの音は3年前よりもさらに遠のいている」といった書き出しで始まる。こんなふうに眞子さまと小室さんの結婚をめぐる話は、海外からも注目されているのだ。

王室に挑戦したダイアナ妃

香港のサウスチャイナ・モーニングポストにいたっては、「反旗をひるがえす王室メンバーたち:ダイアナから日本のプリンセス眞子まで。王室のしきたりを破って自分たちのルールで生きる5人のお姫様たち(Rebel royals: From Diana to Japan’s Princess Mako, 5 princesses who broke royal protocol and lived by their own rules)」というなんとも挑発的な見出しの記事とともに眞子様の写真がダイアナ妃、そしてナイジェリアのケイシャ妃とともに大きく掲載されていた。

ダイアナ妃はイギリス王室の暗黙のルールである「不満を言わない、説明しない」ということを守らず、メディアに彼女の出産後の鬱と過食症について語り、王室に挑戦した女性として取り上げられていた。眞子さまの結婚については、「プリンセス眞子の一般人との結婚は婚約発表後2年以上たってもまだ波紋を広げている」と記事はつづっている。最近の報道だけをとれば、眞子さまは海外でかなり有名な日本のプリンセスになっているようだ。

「負け犬の最後の大物」だった紀宮さま

自国に王室があるせいか特にイギリスのメディアは、日本の皇室についての関心が高い。そんな海外からの皇室報道は、日本が海外からどう見られているかのヒントになるだけでなく、日本の現状、そして未来を、時には日本のメディアより、はっきり表現していると感じることがある。

たとえば、2006年に紀宮さま(現在の黒田清子さん)がご結婚された時、海外メディアが強調したのは36歳のプリンセスの結婚が時の日本社会をいかに反映しているかということだった。

もっとも印象的だった論調は、「紀宮さまは結婚によって負け犬ではなくなる(A 'loser dog' no more.)」というもの。当時、ベストセラーだった酒井順子氏の著書「負け犬の遠吠え」の中で、独身だった紀宮さまが「負け犬の最後の大物だ」と書かれていたことにひっかけ、いくつかのメディアがこんな表現で報道していたのを覚えている。それらの記事によると、ひと昔前はこの年齢で結婚ということは考えられなかった。だからこの結婚で、日本の30代の多くの独身女性たちは、「結婚するのには、まだ遅くない」と勇気づけられたのだと。

あれから10年以上たった今、30代で結婚する女性は多い。40代での結婚ですらもはやそう珍しいものではなくなった。

日本とまったく異なる海外メディアの視点

では、今回の報道ではどうだろう?

日本の報道を見ていると、二人のご結婚を認め祝福してあげたいという声がある一方、まずは小室さんが母親の金銭問題を含め目に見える形で対応する必要があるという主張の記事が多かった。また、小室さんはまだ学生の身、結婚については小室さんが弁護士の試験を終え、就職してから決めるべきだという意見も見られた。

一方、海外の報道では、眞子さまのご結婚について認めるべき、認める必要はないなどとの論調を述べる記事はほとんどなかった代わりに、日本の皇室の将来を危ぶむ記事が多かったのが印象的だった。

「今回の騒動は、日本の皇室は世界で最も脆弱な王室であるということを思い出させるものだ」と書いたのは前述のニューヨークタイムズだ。

あわせて読みたい

「小室眞子」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。