記事

これから1週間の内にやるべきこと

維新の第一次公認候補者の名簿が今日発表された。
維新としての選挙態勢づくりはどうやらこれからのようだが、自民党、公明党、共産党を除いて皆、似たようなものだ。

慌てないで急げ、ということだ。
まだ間に合う。
減税日本の国会議員団が維新に合流するのは不可能だが、減税日本から立候補しようとしていた若い方々が維新に合流する道はまだ残されている。

みんなの党の丸ごとの合流は、さすがにもう無理だと思う。
選挙協力の協議を続けるようだが、この際一番手っ取り早いのはみんなの党を分党することだ。
いずれは合流することを視野に入れて、みんなの党にこのまま残留する組とみんなの党から形式上分かれて維新に合流する組に分かれればいい。

現状のままでの選挙区調整は時間もかかるし、後にしこりを残す。
みんなの党から立候補しようとしていた新人の方々は、この際みんなの党と円満離婚をして維新に合流すればいい。
来週の23日までに決めてしまうことだ。
おそらく第二次公認候補の発表は11月24日になるのだろうから、それまでに動くべき人はどんどん動いたらいい。

いずれ維新とみんなの党が合体することは、不可避である。
運命と言ってもいい。
現時点では折り合いを付けるのは難しいだろうが、選挙が終わって新しい衆議院議員の顔触れが揃ったら直ちに合流の話を進めたらいい。

決して出来ない話ではない。
既に公認候補者に選ばれた人は早速選挙事務所の確保とスタッフの確保を行わなければならない。
ポスターの作成も急ぐことだ。
慣れた人がいれば1週間もあれば一応の恰好はつくだろう。

既に候補者として確定した人はいいが、これから決まるだろう第二次公認候補者の方々はちょっとお気の毒である。
これからの大事な1週間がその方々には与えられないのだから、余程のスーパーマンでないと12月4日の公示に間に合わせることが出来ない。
公認候補に選ばれる可能性のある人は、せめて事務所の確保、スタッフの確保、ポスターの作成は今の内に終えておくことだ。

無駄に終わるかも知れないが、こういう無駄は仕方がない。

時間切れでアウトになるより、戦って散る方が何倍も自分の役に立つ。
選挙の公示までは短いが、人生は長い。
10年先を見詰めて、一歩一歩前に足を踏み出したらいい。
いいことが沢山待っている。

あわせて読みたい

「衆議院選挙2012」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    質疑から逃げた立民は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実な憲法審査会の結末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月07日 10:21

  2. 2

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  3. 3

    格差問題の必然性

    ヒロ

    05月07日 11:19

  4. 4

    「日本を食い物にする」無責任IOCに批判殺到…世界からも続々

    女性自身

    05月07日 13:46

  5. 5

    「コカ・コーラは永久不滅!」雅楽師の東儀秀樹が深い”コーラ愛”を語る

    ふかぼりメメント

    05月08日 00:00

  6. 6

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  7. 7

    「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 "間引き運転"で露呈した政治家たちの「わかってない」感

    キャリコネニュース

    05月07日 09:14

  8. 8

    総選挙前に自民党総裁選? 安倍晋三元首相が再登板の可能性

    内田樹

    05月07日 14:46

  9. 9

    朝ごはんの器で1日が変わる コロナ禍で“食”を見つめ直すきっかけに

    羽柴観子

    05月07日 08:40

  10. 10

    持ち家派 VS 賃貸派「今や持ち家は資産ではなく負債」「退職後も家賃を払い続けるのは不安」

    キャリコネニュース

    05月07日 18:51

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。