記事

「論破王」ひろゆきは、なぜいつも鋭い質問ができるのか

1/2

2ちゃんねる創業者のひろゆき氏は「論破王」と呼ばれている。なぜ鋭い質問ができるのか。話し方トレーナーの桐生稔氏は「鋭いコメントをする人は、『○○ですよね、そこで質問なんですが』と、前提をロックしてから本題に入る。ひろゆきさんは、その達人だ」という――。

※本稿は、桐生稔『「30秒で伝える」全技術 「端的に話す」を完璧にマスターする会話の思考法』(KADOKAWA)の一部を再編集したものです。

2つの手
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Marcin Wisnios

■不毛なやり取りがなくならない理由

仕事をしていて、こんな不毛なやりとりが続くケースに遭遇したことはありませんか?

【上司】「もっとがんばれよ」

【部下】「がんばってますよ」

【上司】「いや、もっとやれるだろう!」

【部下】「いや、やってますって!」

という会話。延々と平行線をたどるケースですね。または、

【上司】「あのお客様は契約いただけるだろう?」

【部下】「恐らく無理です。まったく興味なさそうです……」

【上司】「だって、お客様の方からお問合せがあったんでしょ?」

【部下】「お問合せされただけみたいです」

【上司】「何も興味なくてお問合せされないだろう!」

【部下】「でも、まったく興味がなかったんです!」

も同じような会話です。なぜこういったことが起きるでしょうか。

それは、お互いの前提が噛み合っていないからです。上司の「がんばる」と、部下の「がんばる」が一致していないときに起こります。

■「がんばる」の前提を上司と部下で揃えておく

上司の「がんばる」は、「1日5件お客様を訪問すること」かもしれません。しかし、部下の「がんばる」は、「1日2件」かもしれません。2つ目の例では上司は、「お問合せがあったお客様は80%契約が取れる」という過去のデータを参照して、「契約は取れるだろう?」と言っているのかもしれません。部下は、それをまったく知らないかもしれません。

桐生稔『「30秒で伝える」全技術 「端的に話す」を完璧にマスターする会話の思考法』(KADOKAWA)
桐生稔『「30秒で伝える」全技術 「端的に話す」を完璧にマスターする会話の思考法』(KADOKAWA)

報道番組でゲスト同士が議論するケースがあります。先日もある番組で、「日本の公務員の人数が足りないのでは?」ということが議論のテーマになっていました。

あるゲストは、「日本は公務員が足りない。先進国で比較すると圧倒的に少ない」と言い、あるゲストは「公務員は多い。ちゃんとマネジメントすれば少なくて済む」と言いました。

しかし、大事なポイントは、「そもそも公務員の適正数は何名なのか?」ということだと思います。

まず、「私は日本を運営するにあたり、公務員は○名が適正だと考えてます」という前提があって、それに対して、少ないor多いという論陣を張るべきだと思います。

その前提が全員と一致するかどうかは別として、前提がないと、感覚的な話で「多い」「少ない」と、終始平行線をたどることになります。

報道番組は、その場で結論を出すことが目的ではないので問題ないと思いますが、社内ではそうはいきません。その場で何かしら結論を出さなくてはなりません。

上司が言うように「もっとがんばるのか?」、部下が言うように「これ以上はがんばれないのか?」を決めないと物事が進みません。そのためには、「がんばる」の前提を上司と部下で揃えておく必要があります。

■話の前提を揃える2ステップ

日本人に「ハードワーク」と言うと、相当長い時間働いているというイメージをいだくようです。1日14~15時間働いているような印象を受けます。

しかし、アメリカ人に、「ハードワーク」と言うと、密度のことをイメージすると言います。ハードワークなアメリカ人に、「1日何時間働いているの?」と聞くと、「え、8時間に決まってるじゃん」と答えるそうです。ハードワークの前提が一致していないと、会話をしていても噛み合いません。

・まずは、前提を合わせること
・そして、建設的に議論を進めていくこと

これが要らぬストレスを抱えない有効策です。ここからは、前提を揃える具体的な方法を述べます。やり方は簡単で、

(1)アバウトなものを書き出す
(2)前提を決める

たったの2ステップです。順に見ていきましょう。

■「がんばる」の定義を数字で決める

【ステップ(1):アバウトなものを書き出す】

普段、何気なく使っている言葉で、アバウトなものはありませんか。例えば、

・「もっとがんばれ」
・「お客様とは順調?」
・「今月の予算大丈夫?」
・「仕事、進んでる?」
・「早めによろしく」

こういったアバウトなワードをまずは書き出してみてください。そして、次のステップにいきましょう。

ビジネス
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Chalirmpoj Pimpisarn

【ステップ(2):前提を決める】

もし、「もっとがんばれ」の前提を決めるなら、「がんばる」=1日50件テレアポをすること、とすることができます。この前提をアポイント数にするか、契約数にするか、そこはすり合わせが必要ですが、この前提を上司と部下で共有しておくだけで、「もっとがんばれ」「いや、がんばってますよ」の負の会話がなくなります。

また、「お客様とは順調?」の前提を決めるなら、

「順調」=来月も継続的にご契約いただける状態

とするのがいいかもしれません。これも、「順調とはクレームをいただいていないこと」「追加で発注いただけること」など、色んな前提が考えられますが、まずは前提を互いにロックすることが肝心です。

続いて、「今月の予算大丈夫?」では、

「大丈夫」=予算達成率100%の見込み

ではどうでしょうか。なかには、「予算達成率120%」を前提にされる方もいるかもしれません。その場合は、大丈夫=120%という前提にしておくとよいでしょう。

あわせて読みたい

「コミュニケーション」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    トランプ氏罷免せず 判断を評価

    猪野 亨

  3. 3

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  4. 4

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

  5. 5

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  6. 6

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    14歳以下のコロナ感染が増える仏

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    母がマルチ商法に心酔 娘の悲劇

    PRESIDENT Online

  10. 10

    感染拡大の深刻さを認めぬ菅首相

    おくの総一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。