記事

増えるエコバッグ万引き 犯行を防ぐ「AI監視カメラ」の効果

エコバッグ導入により、スーパーの「カゴパク」も増えた(時事通信フォト)

 師走の書き入れ時、スーパーをはじめ小売店にとって悩みの種は万引き被害だ。今年はレジ袋の有料化に伴い「エコバッグ万引き」の急増が問題となっている。その防止策として最近ではAIが活躍しているという。ジャーナリストの山田稔氏が、AI搭載防犯カメラシステムを開発、商品化した都内のIT企業を取材した。

【写真】万引き犯の不審な動き

 * * *

 万引きというと軽微な犯罪のイメージだが、年間の被害額は4615億円超(全国万引犯罪防止機構の調査/2010年)というから、大企業数社の年間売上高に相当する規模だ。発生件数もずば抜けて多い。犯罪白書によると令和元年1年間の万引きの認知件数は9万3812件で、窃盗全体の17.6%を占めている。

 深刻なのは万引き検挙者の高齢化だ。令和元年の刑法犯の検挙者数は19万2607人。このうち万引きは5万5337人(28.7%)。一方、検挙者に占める65歳以上の高齢者は4万2463人で、全体の約22%を占めている。

 男性は2万8877人で、そのうち万引き検挙者は41.5%。女性は1万3586人で、そのうち万引き検挙者は75.6%と圧倒的多数となっている。それだけ高齢者による万引き犯罪が多いということだ。

 今年も10月までに4万2599人(全世代)が万引きで検挙されている。コロナ禍による巣ごもり期間が長かったり、店舗の営業時間短縮などもあり、前年に比べ6.3%の減少となっているが、認知件数は7万件を超え、依然として高い水準だ。

 しかも、今年はスーパーなどでのレジ袋有料化に伴い、エコバッグ万引きが急増した。カートに開いたままのエコバッグをぶら下げて、人目のないスペースで一部の商品を買い物かごからエコバッグに移してレジを通過してしまうといった手口だ。このためスーパーでは「マイバッグは折りたたんで店内にお持ち込みください」など独自のルールを作って対応しているが、強制はできず対応に苦慮しているようだ。

 今夏、エコバッグに切り身の鮭やハムなどをエコバッグに忍ばせて、レジでかごの商品の精算を済ませた70代の女性が、店外に出たところで保安員に現行犯逮捕された。年金暮らしの女性は「将来の生活に不安があり、お金を節約したかった」と話したという。コロナ禍による生活苦が深刻化していく中で、こうした犯行が増加する恐れがある。

不審行動を探知する「AI大魔神」の実力

 そうした中、一向に減らない万引き被害を未然に防止する人口知能(AI)搭載の防犯システムが注目を集めている。

 このシステムは「AI大魔神」というユニークな名前で、開発したのは東京・港区のIT会社「アースアイズ」。今年8月に発表して以来、問い合わせが相次ぎ、全国のスーパー、ドラッグストア、書店などに導入している。ロシアやタイなどからも商談が舞い込んでいるという。

 気になるシステムはどうなっているのか。同社のショールームで同社の山内三郎代表(55)に説明してもらった。基本的には、店内に設置したカメラが来店者の動きを撮影。その映像を基にAI大魔神(サーバー)が挙動不審者を探知し、アプリを導入した店員のスマホに通知する。店員は挙動不審者に声掛けをすることで、万引きを未然に防ぐという流れだ。

 実際、ショールームの商品棚の前で筆者が商品を見定めた後、周囲をキョロキョロ見回すといった行動を取って見た。すると、映像が映し出されるモニター画面に変化が起こった。

 最初は筆者の体の周囲の枠が白で表示されていたのが、キョロキョロを探知すると枠の色が黄色に変化。さらにAI大魔神が「万引きリスクが高い」と判定して枠が赤に変わり、店員のスマホに通知したのである。なるほど、あざやかな連携プレーである。

 だが、AI大魔神は何を根拠に挙動不審と判断するのだろうか。

「万引き犯の行動パターンは、スーパー、書店、ドラッグストアなど店舗の種類によって異なります。それぞれの行動パターン数百の情報を認識させておくのです。店舗によってカスタマイズも可能です」(山内代表)

 例えば、書店は変に動き回ると目立つので立ち止まっての行為が多い。本棚の前で立ったりしゃがんだりしながら本に手を付ける。逆にスーパーの場合は、カートを押して動きながらの行為となり、人目に付きにくいスペースで隠すというパターンだ。

 さらに詳細な行動パターンを聞きたかったのだが、ここで明かしてしまうと真似をされたり、警戒されてしまうとのことで、やんわりと断られた。

 導入後の効果は大きかった。ある化粧品チェーンでは被害額が導入前の320万円から123万円へと61.5%低下した(半期実績)。ドラッグストアは67.5%とさらにロス改善率が高かったという。

捕まえるのではなく「未然に防ぐ」発想の転換

 AI大魔神のますますの活躍に期待したいところだが、山内氏はなぜこのシステム開発に関心を抱いたのか。それは、本人の経歴に深く関係していた。

「神奈川県警の警察官だった父親が、定年退職後に小さな警備会社を作りました。私は大学(早稲田大)を出て大手通信企業(富士通)に入社し、2年ほど営業をやり、その後、父の会社に入りました。バブルが弾けてコスト削減、ロス削減が大きなテーマになっていた時代です。

 当時、神奈川県内に警備会社は360社ほどあったのですが万引き犯捕捉を専門とする会社は10社程度でした。ならばロス削減をテーマに万引き捕捉をやってみるか、となったのです」

 スーパーで保安員の経験をしながら勉強を積み重ね、28歳の時に独立して自ら警備会社を設立した。しかし、保安員としての体験で引っ掛かりを感じるようになっていた。

「不審な動きをする人を観察して後を付け、やったことを確認したうえで店外で捕捉するのですが、怪しいなと思っても実際に万引きをする人は10人に1人。捕捉にしても5日に1回とか、10日に1回とか、とにかく効率が悪い。しかも、本来なら万引きを止めさせればいいのに、捕捉というのは相手に万引きをさせるわけ です。これは本質的に違うんじゃないかという思いが強くなりました」

 その後、店舗内を巡回しながらお声掛け運動をしてみると棚卸でロス削減の結果が良好だった。そこで人件費をかけて非効率な捕捉にこだわるのではなく、カメラを使った検出システムを構築できないか。そうした思いが募り、開発に取り組んだ。

 そして、2009年に満を持してAI搭載監視カメラ「サブローくん」を発売。これが累計1500台を超える発売で注目を浴び、さらに進化したシステムの「アースアイズ」を企画。2017年に発売を開始し、3代目までの累計販売が3000台に。そして2020年8月、エコバッグ万引きが社会問題化するなかで、「AI大魔神」の発売に漕ぎつけた。

「AI大魔神の頭脳はベテラン万引きGメンと同様です」と言う山内代表は、最後にこう力説した。

「AIは万引きを防ぎます。今後は音を聞き分けたり、匂いをかぎ分けたりする五感を備えたシステムを構築したいですね」

 店と万引き犯との不毛な戦いにAIが終止符を打ってくれる──。そんな時代が近づいているかもしれない。

あわせて読みたい

「AI」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  4. 4

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  5. 5

    マニアが絶賛 無印カレーの凄さ

    文春オンライン

  6. 6

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  7. 7

    迫る節電要請 電力自由化は失敗

    PRESIDENT Online

  8. 8

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  9. 9

    非正規が休業手当貰えぬカラクリ

    田中龍作

  10. 10

    起業に求めてはならぬカネと安定

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。