記事

今、国民に語るべき真実の言葉

1/2

盛んに医療態勢の逼迫・医療崩壊の危機を訴えておられる東京都医師会尾崎会長が、テレビに出演され、「メルケルさんのようにリーダーがしっかり国民、都民に訴える時期がもう来ている。ぜひお願いしたい」と訴えられたと報じられている(東京都医師会会長・尾崎氏 菅首相にお願い「今、本当に切羽詰まっているということを訴えかけて」)。

私もそう思う。ただし、その内容は、尾崎氏やマスコミがイメージするものとはおそらくだいぶ違っている。

そこで、仮に私がスピーチ・ライターであったとしたら、菅総理に語ってもらいたいことを書いてみた。

国民に伝えなければならないことの数々。今起きていること、なぜそれが起きているのか、そして今後について。正直に、魂を込めて。

「今、多くの国民の方々に、とても多くの不便をお掛けしています。

 特に、お子さんやお孫さん、ご家族と会えずに孤独な療養生活を送っていらっしゃる病院入院中の方々・施設入所中の高齢者の方々。

政府や自治体の呼びかけ、またGoToキャンペーンの突然の全国一斉停止により営業上のご不便やご迷惑をおかけし、そのことによって苦境に立たれておられる飲食業、宿泊業などのサービス業の方々、そしてそこで働かれている多くの従業員の方々。

 また、心からのお礼を申し上げなければなりません。

過重な負担に耐えながら、重症者の方の治療・看護に当たられている医療従事者の方々には衷心より感謝を申し上げます。

 さて、今このとき、私は正直に申し上げなければなりません。今、日本の本当の状況はどのようなものであり、なぜ今、このような混乱がおきてしまっているのか。そして、どのようなことを国民の皆様方にお願いしなければならないのか。

 まず、日本の現状です。日本には3ヶ月ほどの周期をおいて感染の波が訪れています。これは実は隣国、韓国と同じです。また、ヨーロッパ諸国においても、日本に先んじて訪れる寒い季節の到来と共に、第2波が訪れ、未だに収束はしていません。

したがって、マスコミや野党の皆さんが訴えるGoToキャンペーンと感染の拡大は、おそらくはあまり関係がないものと考えています。ただし、感染拡大時期において人の移動を積極的に広げることについて、抵抗感のある方もおられるでしょう。

このため、今回はいったん停止をさせていただくことにしたのです。

 私たちの政権が、そもそもGoToキャンペーンをさせていただいたことには2つの理由がありました。

その1つは、日本の感染状況は、実のところ欧米など諸外国に比較すれば大変少ない状況で推移してきたからです。今現在においても、100万人あたりの新規陽性者数はドイツ286人、イギリス398人、アメリカ571人に対し、日本は23人。10分の1程度にとどまっています。

100万人あたりの重症者数も16〜4分の1程度。

実は日本は、感染症の蔓延という点に関しては、欧米に比べて格段に少ないダメージしか受けてこなかったのです。

したがって、経済を通常の状態に戻すチャンスに恵まれていたのです。

(Worldometer12月19日データより青山まさゆき事務所作成)

もう一つの理由は、日本においてサービス業に従事している労働者の割合が22%と欧米諸国に比べても多く、このままの状態を放置しておけば、中小事業者を中心として倒産、廃業が相次ぎ、それが多くの労働者の方の失業や収入減に直結し、新型コロナウイルスのリスクそのものは低い多くの方たちに多大な影響が及ぶこと、そしてその影響で命が失われる方も増えるとの強い懸念があったからです。

 さて、GoToキャンペーンとの相関関係の問題はさておいても、現在のいわゆる第3波が起きていることへの対処はしなければなりません。そこで大きな問題となっているのが、医療の逼迫、医療崩壊への懸念です。ではなぜ春先にも、そして今現在においても欧米に比べれば圧倒的に少ない陽性者数、重症者数しか存在しない我が国において、医療崩壊への警告がなされてきているのでしょうか?

この点につきましては、国民の皆様に心よりの謝罪を申し上げなければなりません。その原因は、実は新型コロナウイルスなのではありません。10年以上、病院勤務医不足・看護師不足は叫ばれ続けてきたのです。しかし、医療者の受給の将来見通しや、私たちの支持団体である医師会などの意向を配慮して、病院勤務医不足の解決策である医学部定員増はわずかしか行ってきませんでしたし、看護師不足にも有効な手立てを打つことができていませんでした。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相を吊し上げ 予算委の惨状

    青山まさゆき

  2. 2

    コロナで世帯数激減 23区の危機

    中川寛子

  3. 3

    河野大臣のTwitterに感じる恐怖

    文春オンライン

  4. 4

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  5. 5

    原監督と溝? 桑田氏G復帰に驚き

    WEDGE Infinity

  6. 6

    Kokiの大胆写真にキムタクは複雑

    文春オンライン

  7. 7

    安藤美姫が指導者にならない事情

    文春オンライン

  8. 8

    坂上忍に批判殺到「二枚舌だ」

    女性自身

  9. 9

    医療崩壊への切り札封じる菅政権

    小西洋之

  10. 10

    バイデン氏の大統領令に反発も

    My Big Apple NY

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。