記事

『M-1』優勝はマヂカルラブリー!野田クリスタル、歓喜のコメント「最下位取っても優勝することがあるんで皆さん諦めないで下さい」


 漫才日本一を決める『M-1グランプリ2020』(ABC・テレビ朝日系)が20日に生放送され、お笑いコンビ・マヂカルラブリー(野田クリスタル・村上)が優勝、16代目王者となった。マヂカルラブリーが『M-1』決勝の舞台に立ったのは。2017年以来3年ぶりだった。

 今回の大会には、ファイナリストとして、アキナ、マヂカルラブリー、見取り図、錦鯉、ニューヨーク、おいでやすこが、オズワルド、東京ホテイソン、ウエストランド、そして敗者復活を勝ち上がったインディアンスの10組が出場。

 野田クリスタルは「R-1ぐんらぷり2020」でも優勝。野田はこの日、ネタの冒頭で「どうしても笑わせたい人がいる男です」と、3年前の大会での審査員・上沼恵美子との酷評事件を自虐ネタと盛り込み自己紹介。上沼は3年前のことは覚えてなかったようだが、今回のネタには「94点」と高得点をつけ、野田はガッツポーズ。その後のファイナルステージでも、野田が揺れる電車の床を転がりまくるという独特な世界観のネタを見せ、会場と審査員の爆笑を誘い、見事優勝を果たした。

 野田は「最下位取っても優勝することがあるんで皆さん諦めないで下さい」と喜びのコメント。実感のこもった野田の言葉に多くの視聴者が感動。「野田さんめっちゃ良いこと言った!!」「最下位からチャンピオンになった 激アツ展開」「最下位からのテッペンってほんと感動!やっぱM-1サイコー」「2017年最下位から2020年優勝というシンデレラストーリーを遂げたマヂカルラブリーおめでとうございます!!!」など祝福の声が上がっている。









(c)M-1グランプリ事務局

あわせて読みたい

「M-1グランプリ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  3. 3

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  4. 4

    詐欺横行の英国でワクチン接種へ

    小林恭子

  5. 5

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  6. 6

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  8. 8

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    荒れるYahooコメ欄 仕方ないのか

    たかまつなな

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。