記事

日本の医療崩壊の問題 もう行動変容はおこせないのかも 戦後の新聞のような手のひら返し

なかなか厳しい議論がなされています。



>コロナ患者の受け入れを決めた一握りの医療機関にコロナ感染者が集中し、そこだけで「医療の逼迫」や「医療崩壊の危機」が起きているのだ

>肝心の政府がその間、本来すべきことをサボっていたために、また話が元の木阿弥になっているとしか思えない

>政府に医療機関に対してコロナ感染者の受け入れを強制する法的な権限はなく、また民間や地域レベルでそうした受け入れ病院を調整する仕組みもほとんど存在しないために、方々で通常の病床は沢山空いているのに、コロナ患者が必要とする設備を備えたICUなどは実際に不足
今回のコロナでわかった医療の歪さ、私がずっと言ってきた「しんどい医療」の整備ができていなかったことは事実です。ただ言わせてもらうと、100分の1の患者で潰れてしまう日本の医療を改善させるためにあなたたちが今言っている正しいことは

1 スウェーデンのように高齢者に高度な医療は原則行わないという倫理面の教育(高齢者は死ね)
2 トリアージを含めた医療というものの限界の教育(いくら正しい医療を行っても人間は死ぬ
3 フリーアクセス含めた「今までの日本の医療」の消滅(患者、社会の安心のための医療の制限
4 「しんどい医療」をボランティアで行ってきた医療者への正当な対応 医療費莫大化の許容
5 医療者だけの行動の自由の制限強制化の人権問題(まあ自主的に今やってますけど)

などを解決しなければいけないものです。

それを吹っ飛ばして、政府が悪いとだけ言ってもただの文化人の戯言だとしか思えないんだよな。

上手な医療のかかり方」、「人生会議」、「医師の働き方改革」なんてものをやろうとしていた政府厚労省に100%の協力してこなかった人たちが、このコロナという有事になったことで手のひらひっくり返してこのようにおっしゃるのは、まさに戦後の新聞みたいに思えてしまうのは、私のメディア嫌いからきてしまうのでしょうか。最近の記事でも協力できないことへの苛立ちを書いてます。

あれだけ政府が言っても、経験が少ない名古屋、広島は減っても東京は変わりません。北海道はちゃんと経験に学べているのに、東京はもうできないのです。それもこのような優秀な人たちが「反政府」ばかり言っていることが原因ではないかと思ってしまいます。



そして朝日はまた反ワクチン記事のようなものを今載せて恐怖を誘導しています。コロナを収束させたいの?0にしなければ95死んでいいの?リスクを評価できないの?お前ら何やりたいの?HPVと同じ?

議論をすることはいいことです、ただ政府の無策だけを叩いて、なぜできなかったのかの分析を出さずに国民を騙し続けることをもうやめませんか?自分たちは我慢するのは嫌だから医療者だけ我慢しろと言うのはやめませんか。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  3. 3

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  5. 5

    五輪中止で32年開催狙うか 英紙

    ロイター

  6. 6

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

  8. 8

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  9. 9

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  10. 10

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。