記事

コロナ禍はチャンス!と考え、敢えて出店する飲食店


■【購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

12月に入って東京の繁華街にある飲食店が、次々と閉店しています。大型の商業施設にテナントとして入っているお店も例外ではありません。

書入れ時に自粛要請で客足が止まり、資金繰りに目処が立たなくなったり、早めの撤退を考えて閉店に踏み切ったのだと思います。櫛の歯が欠けたように空き店舗が増え、テナント募集中の張り紙を見ると、やはり何とも寂しい気持ちになります。

その一方で、コロナウィルス感染拡大をチャンスと考え、このタイミングで出店を始める飲食店も出てきています。

私の家の近くにある飲食スペースには、以前は洋風の惣菜を看板メニューにする人気店が入っていました。とても気に入って毎日のように愛用し、懇親会にも何度も使っていたのですが、コロナ渦の中、突如として閉店してしまいました。東京ミッドタウンに移転して営業しているようです。

ずっと空いていたそのスペースに、最近日本蕎麦のお店が進出してきました。

日本酒の品ぞろえもなかなかで、お酒のつまみも充実。もり蕎麦も繊細な味わいで良かったです(写真)。

個人がやっているというより、どこかの飲食チェーンの経営のような雰囲気。話を聞いていると、どうやら運営主体はアパレルが本業の会社のようです。オーナーのそば好きが高じて出店を始めたようですが、まもなく六本木ヒルズにも2店舗目を出すそうです。

マーケット環境の変化によって、撤退する会社もあれば、新しいプレイヤーも参入してくる。そのような新陳代謝のサイクルによって、新しい業態やビジネスが生まれるのが、資本主義経済のダイナミズムです。

コロナ渦という事実は1つ。

それをピンチと捉え身動きが取れないのを悲観するだけなのか、それともチャンスと捉え積極的にアクションを開始するのか。

事実は1つ、解釈は無限です。

逆境下で、あえてチャレンジする新しいお店を、なんだか応援したくなってきました。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2020年12月20日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「飲食業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    トランプ氏罷免せず 判断を評価

    猪野 亨

  3. 3

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  4. 4

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

  5. 5

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  6. 6

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    14歳以下のコロナ感染が増える仏

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    母がマルチ商法に心酔 娘の悲劇

    PRESIDENT Online

  10. 10

    感染拡大の深刻さを認めぬ菅首相

    おくの総一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。