記事

日本のメディアが経営基盤を脅かされたら?

 前回、「外から見たら、日本のメディア(特に新聞界)はどう見えるか」と日本のメディア研究会で聞かれ、自分なりの感想を述べたことを書いた。

 「現状維持、組織維持を重要視しているように見える」と答えたと書いたが、これは答えの半分で、残りの半分があった、もし、例えば大手新聞社が米ニューズ社CEOルパート・マードックのような人物に乗っ取られ、大幅リストラになったらどうなるかについても自分の意見を述べてみた。あくまでも、仮想の話である。

 別にマードックでなくても、「大幅リストラ」(例えば記者が大量にリストラされるなど)になったらどうなるか、と。

 これは、そういう仮想が実際に起きると思うからではなくて、日本のメディアの、特に新聞界の社会の中に占める位置について、考えるところを言って見たいと思ったからだ。

 日本の新聞の評判は、ネットでこれまでによく目にしてきた。どちらかというと、良くない評判のほうが多かったけれども、その評判が悪ければ悪いほど、これは新聞への期待の強さを表すのだろうと思った。話題にならないほど無関心ではなく、怒りを感じるほど気になる存在なのだろう、と。

 同じ新聞と言っても、英国の場合は期待度がかなり低い。それぞれの新聞が好き勝手なことを書いているので、記事を読むときには少し差し引いて内容を受け取る人が多いと思う。

 例えば、日本の新聞が大資本に乗っ取られた・買収された場合、そして大規模リストラなどが発生した場合、私はこれが「大きな社会不安につながるだろう」と研究会で話した。新聞への期待度が(英国よりは)高そうな日本の場合、いわば「最後の砦」的な新聞がもしばらばらになったら、大きな不安感が発生するだろう、と。

 東日本大震災や不景気、若者を中心とした雇用不安などに揺れる日本で、さらに社会的不安が増すのは、良くないと思った。

 日本と外国とを比較するとき、おそらく、多くの人が言うのは、「日本は安全」ではないかと思う。震災や原発事故でそう思う人の数は日本では減ったかもしれないが、夜道を歩いていて恐怖感がない国の1つが日本という部分は今でも変わっていないと思う。定時に電車がやってくるとか、官庁のサービスが、汚職の懸念をせずに進むことが期待できるとか、日本に住んでいれば当たり前と思うようなことが、意外と、他国では普通ではなかったりする。

 しかし、新聞社のような存在が大幅リストラの対象になるとしたら、安心感、安全感が揺らぐのではないか。特定の新聞社の将来というよりも、社会不安を引き起こすかもしれないほうが心配だ。

 大量失業者をどうするかという問題もある。

 英メディア界では、ライバルのメディア会社に再就職するのは珍しくないし、新聞業界では整理部門などでたくさんの「カジュアル」と呼ばれるアルバイト勤務者がいる。メディア界での人の動きが流動的であれば、リストラされても生きる道があるが、ライバル社への異動などまったくなしの日本の新聞界では、一度リストラされたら、行き場がなくなるか、再就職が難しくなるだろう。

 ・・・とすると、このまま、「ゆっくりとした変化」しかないのかなあと思った次第だ。

 今、期待するのは、新しいメディアの勃興だ。ウェブサイトではBLOGOS,CAKESのほかにも、たくさん出てきた。ヤフーをはじめ、個人ブログの集積サイトもこれからさらに増えそうだ。もちろん、ニコニコ動画もある。大学生の間で、新しいメディアを作る動きもある。こうした一連の新しいメディアがずーっと長く活動を続けていけば、次第にメインストリームのメディアとして認知されるだろう。既存の大手メディアで働く知人のなかで、組織を離れ、フリーとして働き出した、あるいは働き出す予定の人も出ている。どちらも50歳前後で、自分たちなりに将来について考えるところがあったのだろう。

 私は日本のメディアの将来を悲観していない。自然淘汰があるだろうから。

あわせて読みたい

「新聞」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株は「全く別のウイルス」 スーパーサイヤ人みたいなもの

    中村ゆきつぐ

    05月09日 08:22

  2. 2

    過剰な公平意識で「一部の業界に圧倒的なリソースを注ぐ」決断できず感染が加速

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月09日 10:22

  3. 3

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  4. 4

    母親像や家庭のあり方が多様化する現代で感じる「母の日」への違和感

    常見陽平

    05月09日 13:39

  5. 5

    「場当たり的な対応」にみる菅政治の限界

    おくの総一郎

    05月09日 08:07

  6. 6

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  7. 7

    東京五輪、本当にやるんですか?

    安倍宏行

    05月09日 10:22

  8. 8

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  9. 9

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  10. 10

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。