記事

『M-1』と『鬼滅の刃』が一騎打ち、視聴者獲得の仕掛けは?

『M-1グランプリ』と同じ時間帯に『鬼滅の刃』が放送(公式HPより)

 20日の夜、注目の2番組が同じ時間帯に放送される。漫才日本一を決める『M-1グランプリ2020』と今年大ヒットしているアニメ『鬼滅の刃 柱合会議・蝶屋敷編』だ。視聴率ではどちらに軍配が上がるのか? その展望を視聴者獲得のための両番組の仕掛けとともに、コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

【写真】M-1と対決する『鬼滅の刃』は大ヒットを続けている

 * * *

 この一週間、20日夜に放送される番組に関するニュースが飛び交っていました。1つは漫才日本一決定戦『M-1グランプリ2020』(朝日放送・テレビ朝日系、18時34分~22時10分)、もう1つがアニメ『鬼滅の刃 柱合会議・蝶屋敷編』(フジテレビ系、18時59分~21時14分)。

『M-1』は16回目を数える最高峰のお笑い賞レース。今回は史上最多の5081組がエントリーした激戦で、見取り図、オズワルド、ニューヨーク、マヂカルラブリーなどの経験者がファイナリストに名を連ねました。さらにその反面、ミキ、EXIT、四千頭身ら人気者のお笑い第7世代が準決勝にも残れなかったことが、「やはり『M-1』はガチ」という決戦ムードを高めています。

 一方、『鬼滅の刃』は歴代興行収入1位が間近に迫る『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』に続く前日譚。すでに見た人の多いテレビシリーズの特別編集版ですが、描き下ろしの新規イラストやスペシャルエンドロールなどの新作映像が入ることでファンを喜ばせています。さらに終了直後の21時14分~21時20分には、ミニ番組『「鬼滅の刃」アフタートーク』も放送。『M-1』が最終決戦に向かうであろうタイミングでオリジナルコンテンツをぶつけるなど対決ムードが漂っています。

 他局に目を向けると、日本テレビは通常通りの『ザ!鉄腕!DASH!!』『世界の果てまでイッテQ!』『行列のできる法律相談所』、TBSは特番の『日本を変えた!あの重大事件の新事実2020』、テレビ東京は定期特番の『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦』、NHKは大河ドラマ『麒麟がくる』などを放送。しかし、業界内も一般視聴者も、「今回は『M-1』vs『鬼滅の刃』の一騎打ちになるだろう」という見方で一致しています。

2か月の空白と放送曜日・時間の変更

 そもそも他局にとって『M-1』は、「負け戦」を意識せざるを得ない番組。ここ3年間の世帯視聴率を見ても、2017年が関東15.4%、関西24.0%、2018年が関東17.8%、関西28.2%、2019年が関東17.2%、関西26.7%という高視聴率を記録しました(ビデオリサーチ)。

 日曜夜に日本テレビのような人気番組がなく、かといって普通の特番では『M-1』に太刀打ちできないフジテレビが『鬼滅の刃』の放送を考えるのは自然な流れ。実際、フジテレビが放送するアニメ『鬼滅の刃』の特別総集編は、10月10日の「兄妹の絆」、同17日の「那田蜘蛛山編」に続く3回目ですが、過去2回は10月であり、しかも土曜21時台の『土曜プレミアム』での放送でした。

 そこから2か月もの期間が空いたこと、また、土曜21時台ではなく日曜19時台からのスタートに切り換えたところに『M-1』対策の狙いが透けて見えます。フジテレビは劇場版の記録的ヒットを踏まえて、「これ以上ないほどの強敵に、これ以上ないほどの特番をぶつけられた」のでしょう。

 ただ、それでもフジテレビの人々が「『M-1』に勝てる」と本気で思っているかは疑問です。『M-1』は芸人たちが人生を賭けた年に一度のガチンコバトルであり、何が起きるかわからない生放送であることも含め、リアルタイム視聴向きの番組。一方の『鬼滅の刃』はすでにテレビシリーズの第22~26話として放送・配信されていたものであり、さらにフジテレビでも10月24日に一挙放送するなど、物語としての新しさはありません。

 また、もともとアニメは「クオリティが高いほど“保存版”として録画されやすい」というタイプのコンテンツであり、「絶対に生放送で見たい」というタイプの『M-1』とは真逆。視聴人数はさておき、リアルタイム視聴をベースにした視聴率という観点では、かなり分が悪い戦いなのです。

決勝に至る流れを楽しめる『M-1』の強み

 だからこそフジテレビは、前回放送で好評だったプレゼント企画「鬼滅の刃キャラクターコレクション」を今回も実施。番組を視聴するごとに画面上でキャラクターカードが得られ、その枚数に応じて、「柱合会議ランダムアクリルスタンド全9種セット」「竈門禰豆子1/8スケールフィギュア」が当たるという仕掛けを用意しました。

 つまり、「リアルタイムで見なければプレゼントに応募できませんよ」ということであり、ファンたちを「録画もするけどリアルタイムでも見なきゃ」という心境にさせているのです。

 しかし、『M-1』もリアルタイムで見てもらうための仕掛けに抜かりはありません。「ネタ順をその都度“笑神籤(えみくじ)”を引いて決める」というドキドキの演出を手がけるほか、「どん兵衛3ケース分」などの豪華賞品が当たる「3連単 順位予想キャンペーン」を企画しているのです。

 ただ、そんな仕掛け以上の強みとなりそうなのが、流れを重視した大会運営。まず7月末に公式ホームページで『M-1への道~東京開幕編~』をライブ配信したほか、2回戦や準々決勝のネタもネット上で配信し、準決勝は生中継のライブビューイングを開催しました。

 さらに20日の14時55分~17時25分には16組の芸人による『敗者復活戦』(朝日放送・テレビ朝日系)も放送され、ここでは「視聴者の審査で決勝進出者が決まめる」という楽しみもあります。多くの人々が『M-1』を追いかけ、楽しめる環境を整えたことで、「20日の決勝はこの4か月あまりの集大成としてリアルタイムで楽しもう」という思考にさせているのです。

 また、昨年のミルクボーイ、かまいたち、ぺこぱがハイレベルな戦いを見せ、今年大活躍したことも期待感アップにつながっているのではないでしょうか。やはり、どんなに『鬼滅の刃』が人気でも、視聴率という観点では『M-1』の優位は揺るぎそうにありません。

 ともあれ、各家庭ではひさびさに「どちらの番組を見るか?」の論争になりそうですし、「大画面のテレビで『M-1』を見て、小画面のスマホで『鬼滅の刃』を見る」という人も増えるでしょう。視聴率の勝敗はさておき、コロナ禍で外出を控えるムードが漂っているだけに、両番組の相乗効果で相当な盛り上がりが期待されます。

【木村隆志】

コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月30本前後のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演し、番組への情報提供も行っている。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

M-1グランプリ2020 公式HP

あわせて読みたい

「テレビ番組」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

  2. 2

    医師会の言葉は「心に響かない」

    山本直人

  3. 3

    「サイゼ来た」要請で皮肉な結果

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  5. 5

    印象論で政権批判 NEWS23に苦言

    和田政宗

  6. 6

    尾身会長が求めるリーダーの姿勢

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    医療巡り飛び出した菅首相の本音

    青山まさゆき

  8. 8

    「男女の友情存在するか」は愚問

    いいんちょ

  9. 9

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  10. 10

    PCR問題の混乱止まらず 医師嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。