記事
  • ロイター

グーグルの独禁法訴訟、23年9月に審理開始


[ワシントン 18日 ロイター] - 米連邦地裁は18日、司法省が起こしたアルファベット傘下のグーグルに対する独占禁止法(反トラスト法)訴訟について、2023年9月12日に審理を開始することを提案した。

双方の弁護士から反対意見は出なかった。

連邦地裁によると、双方は証拠などを開示する手続きが2022年3月に完了するとみているようだという。

グーグルに対しては、米国の38州・地域も独禁法訴訟を起こしており、司法省とグーグルは、少なくとも一部の訴訟を統合する作業を開始した。

司法省は、グーグルが検索事業や検索広告で独禁法に違反したと訴えているが、38州・地域はスピーカー、テレビ、スマートカーといった分野でもグーグルが同法に違反したと主張している。

グーグルは不正行為への関与を否定している。

あわせて読みたい

「Google」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎日が40億円超減資で中小企業に

    岸慶太

  2. 2

    嬢告白 おっぱいクラスターの今

    文春オンライン

  3. 3

    全米ライフル協会 なぜ破産申請?

    SmartFLASH

  4. 4

    菅首相「あとは実行あるのみ」

    菅義偉

  5. 5

    真面目ゆえ命落とすナチス収容所

    紙屋高雪

  6. 6

    清田コロナ不倫 球界も冷たい目

    WEDGE Infinity

  7. 7

    自民党内で菅政権を見限る動き

    NEWSポストセブン

  8. 8

    鼻出しマスク失格は明らかに不当

    青山まさゆき

  9. 9

    海外の超富裕層が集まるニセコ

    fujipon

  10. 10

    キャバが時短無視する本当の理由

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。