記事

「和牛のいないM-1」は新時代突入の予感 準決勝で一番ウケていた“意外なコンビ”とは? - ラリー遠田

 漫才日本一を決める『M-1グランプリ2020』の決勝が12月20日に行われる。今年の大会が昨年までと異なるのは「和牛のいないM-1」であるということだ。

【写真】この記事の写真を見る(5枚)

『M-1』は2001年から2010年までの第一期と、2015年以降の第二期に分けられる。そのうちの第二期を特に盛り上げた立役者として知られているのが和牛の2人である。彼らは、2015年から2019年まで5年連続で決勝の舞台に上がってきた。その中には3年連続の準優勝も含まれている。


和牛の水田信二(左)と川西賢志郎 ©️時事通信社

 ネタのクオリティが高い上に、しゃべりの技術も卓越していた和牛は、いつ優勝してもおかしくないと言われてきた。そんな彼らは、第二期の『M-1』で毎回決勝に上がり、ほかの出場者の前に大きな壁として立ちはだかってきた。

「和牛のいないM-1」に起きた変化とは?

 逆に言うと、和牛という壁を超えなければ、『M-1』で優勝することはできない。安定した実力を持つ彼らが決勝に進み続けることで、ほかの漫才師も彼らに負けじと奮闘した。その結果、それぞれの実力が磨かれ、ハイレベルな熱戦が繰り広げられてきた。

 だが、和牛は2019年大会を最後に『M-1』を卒業すると公に宣言した。まだ出場資格を失っていないにもかかわらず、今年の『M-1』には参加しないことを表明したのだ。

 和牛という絶対的な軸を失った今年の大会はどういう展開になるのか。ファイナリストの顔ぶれを見ると、明らかに昨年までとは傾向が変わった。どちらかと言うと正統派ではない個性の強いコンビが続々と勝ち上がってきた。

9組のファイナリストが背負う物語

 決勝に進んだのは、アキナ、マヂカルラブリー、見取り図、錦鯉、ニューヨーク、おいでやすこが、オズワルド、東京ホテイソン、ウエストランドの9組。全組が面白いことに疑いの余地はないのだが、それだけでなく、それぞれが興味深いキャラクターと物語を背負っている。

上沼恵美子・松本人志と“因縁”のある2組

 例えば、マヂカルラブリーには審査員の上沼恵美子との因縁がある。彼らは2017年大会で初めて決勝に進んだが、空気をつかめず最下位に沈んだ。上沼には「がんばってるのはわかるけど、好みじゃない」「よう決勝残ったな」と酷評された。

 一方、ニューヨークには審査員の松本人志との因縁がある。2019年大会で決勝に進んだ彼らは、1番手でネタを披露したが、結果は最下位だった。松本には特に低い点数をつけられた上に「ツッコミの人が笑いながら楽しんでる感じがそんなに好きじゃない」と厳しい言葉を浴びせられた。

 彼らは再び決勝に上がり、審査員の前でどんなネタを見せるのか。そして上沼や松本はどんなコメントを残すのか。この点は1つの見どころだ。

錦鯉と東京ホテイソンの「年の差対決」

 また、錦鯉と東京ホテイソンの「年の差対決」にも注目だ。錦鯉は、49歳の長谷川雅紀と42歳の渡辺隆のコンビである。芸歴自体は長いが、コンビ歴では出場資格の結成15年以内を満たしているため、エントリーすることができた。

 東京ホテイソンは25歳のたけると26歳のショーゴのフレッシュなコンビだ。錦鯉の長谷川はたけるの父親と同じ年齢だという。親子ほど年齢の離れた2人が『M-1』の決勝で相まみえるのはもちろん初めてのことだ。

 錦鯉は、業界内ではその実力を評価されながらも、なかなかチャンスをつかめずにいた苦労人である。ようやくつかんだ決勝の舞台でどこまで健闘できるのだろうか。

 一方の東京ホテイソンは、年齢や芸歴では「第七世代」と言われるところに属している。だが、一般的に「第七世代」と呼ばれるのは、テレビで売れっ子になった数組のみに限られている。その世代の芸人は実際には日本中に何百組も何千組も存在するのだが、スポットライトを浴びているのはごくわずかだ。東京ホテイソンには「遅れてきた第七世代」として意地を見せてもらいたい。

 さらに、ファイナリストの中で特に注目されているのが、即席ユニットのおいでやすこがである。おいでやすこがは「おいでやす小田」と「こがけん」という2人のピン芸人によるユニットコンビだ。

“蜘蛛の糸”を掴んだ「おいでやすこが」

 彼らはファイナリストの切符を懸けた準決勝の直前に、予期せぬ悲劇に見舞われていた。彼らのようなピン芸人が1年の目標としてきたピン芸の大会『R-1グランプリ』の出場資格が変更され、芸歴10年を超える彼らは出場できなくなってしまったのだ。

 アスリートで言えば、オリンピックや世界選手権が急きょ中止になったようなものだ。ずっと追いかけてきた目標を失った彼らの絶望は計り知れない。

 そんな彼らの目の前に、1本の蜘蛛の糸が下りてきた。本業ではないはずの『M-1』で決勝に進めることになったのだ。準決勝では一番と言っていいほどの爆笑を勝ち取っていたので、この決勝進出はまぐれではない。彼らは堂々と実力で決勝に上がってきた。

 ユニットコンビがファイナリストになるのは初めてのことだ。予選の勢いを踏まえると、決勝をかき回してくれるのは間違いないだろう。

 また、ウエストランドはかつて『笑っていいとも!』の準レギュラーを務めた経験があり、井口浩之はネット上で「チン事件」を起こして話題になったこともある。決勝経験者のアキナ、見取り図、オズワルドも言わずと知れた実力者である。さらに、敗者復活枠でどのコンビが上がってくるかも予想がつかない。

 2020年の締めくくりに、コロナ禍による重苦しい空気を吹き飛ばすような最高の漫才の大会となることを期待したい。

(ラリー遠田)

あわせて読みたい

「M-1グランプリ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  2. 2

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  3. 3

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  6. 6

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  7. 7

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    荒れるYahooコメ欄 仕方ないのか

    たかまつなな

  9. 9

    バイデン氏 15の大統領令署名へ

    ロイター

  10. 10

    歌舞伎町 6万円もらい隠れ営業も

    國友公司

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。