記事
  • 女性自身
  • 2020年12月19日 18:22 (配信日時 12月19日 18:00)

錦織圭 観月あことついに結婚!本誌が見ていた紆余曲折5年間

テニスの錦織圭選手(30)が12月18日、結婚を発表した。お相手はかねてから交際が報じられてきた観月あこ(29)。各メディアによると、錦織選手は「新しい伴侶を得て、再出発を期す来シーズンに向けて、しっかりと準備したいと思っています」とコメントしたという。

14年秋に知り合い、翌年の夏頃から交際がスタートしたという2人。しかし当初、錦織選手の両親は交際を反対していたと言われていた。

「錦織選手はかつて、北京五輪新体操代表の坪井保奈美さん(31)と交際していました。保奈美さんは大会中、錦織選手が『足が痛い』と言えば、寝る時間を削ってマッサージ。栄養学もしっかり学んで、特製ドリンクを作ってあげたりもしていたそうです。さらに彼が腰を痛めたときは、下の世話までする献身ぶり。ご両親にとっても、まさに“理想の奥さん”だったんです。

いっぽう観月さんは交際が始まった途端、家族や関係者が座るファミリーボックスに堂々進出。いつも目立たないよう観戦していた保奈美さんとは対照的で、ご両親はあまりいい顔をしていなかったそうです」(テニス関係者)

しかし、錦織選手は観月との交際を続けていく。

「16年12月、錦織選手はロサンゼルスへ。マイケル・チャンコーチ(48)のもとで体力づくりに励んでいました。すると同伴していた観月さんの左薬指に指輪がキラリ。錦織選手からのプレゼントだったそうで、コーチたちの間でも『2人はついに結婚するの?』と話題になったそうです」(別のテニス関係者)

「週刊新潮」17年8月17日号で、観月は取材に対して「結婚はしたい(ですが)、彼に任せています」と返答。いっぽう錦織選手の父は観月について「悪い娘だと思うよ」とコメントしたという。交際スタートから2年経っても、まだ両者の溝は埋まってなかったようだ。

当時、本誌は錦織選手の練習に付き合う観月を目撃している。それは、17年7月のこと。ウィンブルドンで3回戦敗退したばかりだった錦織選手は、慶応大学日吉キャンパスのコートで姉のように慕う伊達公子(50)とラリーを延々と続けていた。

その最中、観月は駐車場へ。そして、高級外車・ジャガーの後部座席でひとり涼んでいた。ミニワンピースにハイヒールを履いていた彼女はときどき練習の様子を見るために車から出るものの、すぐに車内に戻っていた。

さらに18年7月に本誌は、東京・広尾にある有名イタリアンレストランで2人が会食をする様子を目撃している。年配の男女複数名を上座に、そして錦織選手は下座に。よほど大事な恩人たちであるとうかがえるが、その席にも観月は同伴していた。会計のために観月がそっと席を立つシーンもあり、まるで長年連れ添った妻のようでもあった。

そして5年愛を実らせ、ついにゴールインした錦織と観月。これから、どんな未来を見据えているのだろうか。

あわせて読みたい

「錦織圭」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。