記事
  • Willy

アメリカの事務手続きの不確実さ

今日、移民局に提出するための書類を医師からもらってきた。ちなみに数日前に医師の記入ミスがあったため、昨日訂正されたものを受け取って来たばかりなのだが、今日は何故か「もう一度準備したから受け取りに来い」という連絡があった。結局もう一通もらってきたが、どちらを提出しても良いとのこと。 何がなんだか分からない。

書類は厳封されているのだが、今回は内容を確認できるようにそのコピーが添えてある。書類はレターサイズで4枚のはずなのだが、コピーを見たら2枚目が抜けており、全然関係ない別の人の検査結果が4枚目の後に入っている。

仕方が無いので、厳封されたうちの新しい方を開けたところ、コピーにはなかった2枚目もちゃんと入っており、誤ってコピーされた書類は、ホッチキスの痕跡から新しい方だけに入っていることが推察されたので昨日のものは問題ないと判断しそのまま出すことにした。

今回の件に限らず、米国の事務手続きの不確実さには枚挙に暇がない。

-- 勤務先の大学には出版社から教科書が届くのだが、過去、きちんと手元に届いたのは約半分である。

-- 自宅から送受信した手紙等が、過去何度か紛失している。紛失に気付かないことも多いから、実際にはもっとなくなっているだろう。

-- 娘が生まれた際、子供と親の名前が地元の新聞に小さく載ったが、親の名前のスペルが間違っていた。

-- 不動産を買う際、書類1枚の不動産契約書にはほんの数箇所しか記入するところがないのに、不動産エージェントが頻繁に間違えていた。しかも、購入する不動産の住所が違うとか購入者の氏名が違うなどの重大な誤りである。

-- カナダに行って、米国に再入国した際、入国審査官が記入したビザステータスと有効期限が両方間違っていた。私の時はその場で気付いて直してもらったが、知り合いは同様のケースで気付かずに次の入国の際に揉めたらしい。

-- 妻は食料品店で買い物をするとレシートをチェックするが、しょっちゅう打ち間違いがある。間違いを見つけるたびにサービスカウンターに訂正を依頼するが、あまりに頻繁なため、サービスカウンターの対応が段々おざなりになったそうだ。

一般的に言って、米国人はやることはそんなに遅くないが、正確性は恐ろしく低い。米国では、事務が確実に行われたかどうか確認すること、なるべく依頼を単純化し介在する人数を減らすこと、が大事である。

電子メールやWeb上の手続き、電子商取引などが米国で早く普及したのも、こうした事務の不確実さが理由の一つになっているのだろう。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  3. 3

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  4. 4

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  5. 5

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  6. 6

    TV設置届出? 感覚がズレてるNHK

    NEWSポストセブン

  7. 7

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  9. 9

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。