記事

小沢裁判が今一つスッキリしない理由ーこの隔靴掻痒感はどこから来るか

隔靴掻痒というのだろう。

多くの方々が様々に意見を述べられているのだが、どこか噛み合わない。
指定弁護士が冒頭陳述で述べていることと、小沢氏本人が記者会見で訴えようとしたことも明らかにポイントがずれている。

指定弁護士はあくまで検察審査会の起訴相当の議決に従って公訴提起し、公判廷では手元にある証拠に基づいて淡々と立証を進めるだけである。それ以上でも以下でもない。本来はもっと踏み込んで本件の背景にあるもののすべてを法廷に明らかにして真相の解明に務めて貰いたいところだが、指定弁護士にはその権限がない。指定弁護士は、あくまで表面的な政治資金収支報告書の記載と実際の政治資金の流れの違い一点に絞って公判を続けていかなければならない。そういう制約があることを、私たちは知っておく必要がある。

ちょっとこれ違うんじゃない。

そんな感想を抱いている人は多いのではなかろうか。

その筆頭は、何といっても小沢一郎氏本人であろう。

こんなことで裁判になるのはおかしい。もっと本質的なことについて議論すべきなのに、政治資金収支報告書の記載が間違っていたという枝葉のことについて、拘っている。この事件の本体は、収賄とか脱税とか、何か違法に蓄えたお金を自分が受け取ったかどうか、そのうえで表に出来ない金を政治資金収支報告書に記載しなかったことが違法かどうかにあったはずだ。検察官はいくら捜査をしても、自分が違法な献金を受けたという証拠を挙げられなかった。それなのに、検察審査会が起訴相当と議決し、自分を起訴すべきとした。おかしいじゃないか。この事件は検察が自分を狙い撃ちにして作った事件で、慎重な捜査の結果検察が不起訴にしたのだから、この裁判は速やかに取り下げるべきだ。

こういう論理である。

小沢一郎氏の頭の中では、多分不正な政治献金を貰っていながらこれを政治資金収支報告書に記載しなかったことが違法とされるのだろう、ならば自分が違法な政治献金を貰ったという証拠を検察側は示すべきだ、検察側では、そういう証拠を挙げることが出来なかったんだから自分に対する起訴はすべきでないしこの裁判は直ちにやめるべきだ、という思いがグルグルと駆け巡っているはずだ。

小沢氏の物言いは、小沢氏の論理の中では極めて正しい。そして、この論理は、多くの国民にとっても極めて分かりやすい論理である。

この一連の事件の本体は、小沢氏がゼネコン等から多額の現金を収受しながらこれを表の金にしなかった、政治資金収支報告書に記載せず、さらには自分の資産報告にも載せず、税金申告もしなかった、というところにあるはずである。

ここまで解明しないと私たちの胸のつかえは一向に下りないのだが、今私たちの目の前で繰り広げられようとしている小沢裁判はそこまで踏み込んでいないし、踏み込めるはずもない。当たらずと言えずも遠からず、というのならまあまあそれで良しということになるのだが、当たっているのだが当たっているのはほんの上っ面だけで、中身はびくともしていない、というのがこの裁判である。

「上っ面を撫でているだけじゃないのか。」

多分、この感想が一番妥当するのだと思う。

指定弁護士は、検察審査会の議決を超えた独自の捜査が出来るわけではない。小沢一郎氏を起訴したこと自体は極めて正当な職務の遂行の一環だが、しかしそれだけではこの問題の本質に迫ることは出来ない。指定弁護士の職務の限界がそこにある。

これが、そもそもの隔靴掻痒感の根源にあるように思われる。小沢裁判は分かったようで、やはり今ひとつスッキリしない。とりあえず、このことを指摘しておく。

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  6. 6

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  7. 7

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  8. 8

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  9. 9

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  10. 10

    岡村隆史が結婚「素敵な方です」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。