記事

「アウディがディズニーと組んだ理由」10年後に現れる10兆円市場の正体

1/2

10年後、クルマの中でのエンタメはこう変わる

203X年、阿部さん(仮名)にとってクルマは自分を開放できる異次元の空間だ。

土曜日の昼下がり。妻と息子は一緒に出かけて自宅にはひとり。金融機関に勤める30代後半の阿部さんは、のそのそと玄関を出てクルマに乗り込む。ぼぉーっとしていた顔から一転、クルマを始動させるとギラギラした顔つきになる。家族に見せる「優しい父さん」でも、職場での「そこそこできるサラリーマン」でもない。

すべての車窓が黒く光り、車内は次第に暗くなる。フロントウインドーに見えていた坪庭のツツジも見えなくなる。漆黒の空間には、徐々に星々が瞬きはじめる。宇宙だ。前面にゲームロゴが浮かび上がる。クルマのハンドルはいつのまにか戦闘機の操縦桿に変わっている。星雲間のワープを本能的に感じ取れるような、ドップラー効果を伴う轟音が鳴り響く。戦闘開始。

粒子ズーム背景
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Дмитрий Ларичев

一進一退の攻防が続く。撃墜するたび戦果をたたえるように空間全体が青く光る。視界の片隅、右上方を見透かすと、仲間が敵機に追い回されている。彼はシアトルからログインしている大学生だ。助けに入ろうと旋回するも敵小隊に接近され後方で爆音がした。機体は吹き飛ばされシートがガタンと傾く。緊急事態だ。鼓動が高鳴る。車内のセンサーがそれに反応し、冷静さを取り戻すようにあえて呑気な音楽を流しはじめる。無理やりにっこりとほほ笑みながら“I’m OK!”と呼びかける。

応急処置が功を奏して、戦線は離脱せずに済んだ。程なくリーダーが中央を突破した。本当かどうかは知らないが、彼女はアラブの王族夫人らしい。“Good job!”と叫んで伝え、今日のゲームは阿部さんたちのチームが辛くも勝った。世界中の仲間たちと、互いの戦いぶりを褒めたたえあった。

クルマのドアを開けると、紅白のツツジが阿部さんを迎えた。宅配ボックスにはいつのまにか荷物が届いている。明日は家族で動物園に行く約束だ。道中は、クルマの上下左右からゾウやトラが現れて、息子を楽しませてくれるだろう。わくわくしながら玄関を開けた――。

3つの技術領域が「車内コンテンツの進化」を一気に加速させる

これは10年後には実現する自動車のユースケースの一例だ。自動車はデジタルコンテンツを楽しむ空間として価値をもつようになる。また自動運転技術が備わり、移動の質も劇的に変わる。移動の時間はデジタルコンテンツを楽しむ時間になる。

本稿では、そうした自動車が実現するまでの技術的課題と、実現した場合のインパクトについて考えたい。

車内でのコンテンツの充実は、3つの領域の技術進化で一気に加速する。一つめは通信環境、二つめはHMI(ヒューマンマシンインターフェース)、三つめはバイタルセンシングだ。

すべての車窓が「ディスプレー」に変わっていく

通信環境は5Gになる。実効速度で下り1Gbpsとなり、100インチのディスプレー4枚分の4K映像を楽々ストリーミングできるようになる。たとえばAGCはガラス埋め込み型アンテナを開発している。こうした技術を用いれば、自動車はそれ自体が基地局として5G環境に置かれると考えられる(※1)。

HMIは五感を刺激する機能を指す。今後は特に視覚面の進化が著しく、すべての車窓がディスプレーになる。有望な手段のひとつが、ガラスの中間膜に液晶を挟み込む方法だ。JDIの液晶技術による現状の透過率は87%で、ガラスだけの一般的な透過率92%と遜色ない水準にある。タッチパネル機能も搭載でき、画素数も1440(H)×540(V)とハイビジョンテレビに近い。ガラス自体の性能を変えないため、強度や飛散防止性などの面でも自動車への搭載に障害は少ない。今後の課題は、現状20インチ程度の表示面積の拡大や消費電力の抑制だが、2030年代には解決されるだろう(※2)。

※1 AGC株式会社ニュースリリース「ドコモとAGC、『窓を基地局化するガラスアンテナ』によるサービスエリア提供を開始」(2019年10月)
※2 株式会社ジャパンディスプレイニュースリリース「12.3インチ 透明液晶ディスプレイ開発」(2019年11月)、日経BP社「2040年のクルマ徹底予測」『日経Automotive(2018年02号)」

ジャパンディスプレイが開発した12.3インチ透明液晶ディスプレイ。
ジャパンディスプレイが開発した12.3インチ透明液晶ディスプレイ。 - 写真=同社プレスリリースより

このほかには、自発光中間膜、有機EL、車窓へのフィルム貼付といった技術もある。いずれにしろ、将来的には天井を含めた全天空型の映像・音響環境が実現すると期待される。

体温、呼吸、心拍、心電などの計測が可能に

バイタルセンシングでは、乗車している人の喜怒哀楽やストレス状態の分析が可能になる。すでに「表情分析」が現在進行形で進んでいる。これは運転支援技術において運転者が眠っていないか確認するための機能だ。

そのうえで、今後は体温、呼吸、心拍、心電などのバイタルサインの計測が可能になる。たとえばパナソニックは79GHz帯ミリ波レーダーによる非接触計測とその解析技術の開発を進めている(※3)。テキサスインスツルメンツは、車内環境での複数人同時計測技術を開発している(※4)。これらの技術による喜怒哀楽分析は、AIスピーカーによる言語コミュニケーションと組み合わせることで相当な水準になると考えられる。

※3 パナソニック株式会社プレスリリース「非接触ミリ波バイタルセンサーの小型・高感度化技術を開発」(2017年9月)
※4 テキサスインスツルメンツ公開ブログ「TIのミリ波テクノロジーを用いた車内用センシング」(2019年9月)

2020年代の技術進化を背景に、2030年には車内でのデジタルコンテンツがリッチで多様になる。全天空型の映像・音響環境にて、バイタルセンシングによる双方向コミュニケーションが実現する。ゲームや映画などの作品やキャラクターが、移動中はもちろん、その前後の時間も含めて利用者を楽しませる状況が期待される。冒頭に述べた宇宙空間のシューティングゲームはその一例だ。

あわせて読みたい

「アウディ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    KDDI「povo」への批判はお門違い

    自由人

  2. 2

    PCR検査で莫大な利益得る医院も

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    橋下氏 いま日本は「欠陥の車」

    橋下徹

  4. 4

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  5. 5

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  6. 6

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  7. 7

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  8. 8

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  9. 9

    慰安婦判決は異常 迷走する韓国

    コクバ幸之助

  10. 10

    車移動に回帰? ペーパー講習混雑

    井元康一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。