記事

自民党文部科学部会 小学校35人学級を5年かけて実現へ

12/18会議の様子(自民党本部で)

 「日々勉強!結果に責任!」「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(自民党・比例代表全国区)です。

 12月18日(金)、自民党本部において、私が部会長を務める文部科学部会が開催されました。議題の一つが、義務教区における少人数学級の計画的な推進についてです。

 私達自民党が求めてきたのは、コロナ禍でもあり、学校でのきめ細かい指導を行うための小中学校での30人学級の実現でした。私共は財務省へ何度か直接要望に行っていました。

 部会では、文部科学省から、説明を聴取しました。

昨日12月17日(木)、財務省と文部科学省の大臣折衝の結果、小学校は小1が35人学級で、それ以外は現在40人学級なのですが、5年かけて小2から小6まで35人学級とすることが合意されました。これにより、教職員定数が改善されて全国で1万3574人の教職員が増加し、来年度令和3年度は744人が増加します。その実現に当たり、国と地方が連携して、定期的に検証する場を設けるとのことです。

残念ながら、小学校だけ35人学級となりました。5年後に再度30人学級と中学校の少人数学級化に挑戦することになります。そのためにも、教育効果を上げなければなりません。

これにより、きめ細かい指導体制を実現し、学力向上、いじめや暴力行為等の問題行動の減少、不登校の減少等、学校での働き方改革に繋げていきたいと考えております。

 そのためにも、指導力のある教師を確保していかなければなりません。教師の養成・採用・研修の一体改革を実施してきたことになっているのですが、改めて検証し、支援を強化していきたいと思います。

あわせて読みたい

「教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    清田コロナ不倫 球界も冷たい目

    WEDGE Infinity

  2. 2

    議員の保身? デジタル化せぬ国会

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    急患止めざるを得ない病院の悲鳴

    田中龍作

  4. 4

    真面目ゆえ命落とすナチス収容所

    紙屋高雪

  5. 5

    共通テスト 鼻マスクで1人失格に

    ABEMA TIMES

  6. 6

    Amazon書籍レビューは中身より数

    Chikirin

  7. 7

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  8. 8

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  9. 9

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  10. 10

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。