記事
  • ロイター

ドル上昇、米景気対策・英EU協議の先行き不透明=NY市場


[ニューヨーク 18日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、米経済対策で与野党の合意が得られるか疑念が出ていることに加え、英国と欧州連合(EU)の通商協議を巡る先行き不透明感が高まる中、安全資産としてのドルに買いが入った。

議会で協議されている9000億ドル規模の新型コロナウイルス追加景気対策を巡っては、18日中に合意が得られる公算が小さいとの見方が台頭。英国とEUの自由貿易協定(FTA)交渉については、EUのバルニエ首席交渉官が「この協定を1月初めから施行したいのであれば、あと数時間で有意義な交渉を進める必要がある」とし、合意への道は非常に狭いとの考えを示した。

テンパスのシニア外為トレーダー兼ストラテジスト、フアン・ペレス氏は、英国のEU離脱問題は「解決されていない主要なリスク要因」で、これにより世界的な安定が阻害されていることでドルが買われていると指摘。米経済支援策の先行きが不透明なことに加え、世界的に新型コロナウイルス感染による死者が増加していることも、安全資産への資金流入につながっていると述べた。

主要6通貨に対するドル指数は90.0190と、0.21%上昇。前日は89.822まで下落していた。

英ポンドは対ドルで0.60%安の1.3505ドルと、2年半ぶり高値から下落。

ユーロは対ドルで0.25%安の1.2240ドル、対ポンドで0.33%高の0.9060ポンド。

前日に過去最高値を再び更新した暗号資産(仮想通貨)のビットコインは0.24%安の2万2732.78ドル。

ドル/円 NY終値 103.31/103.34

始値 103.38

高値 103.47

安値 103.20

ユーロ/ドル NY終値 1.2255/1.2259

始値 1.2255

高値 1.2268

安値 1.2226

(表はリフィニティブデータに基づいています)

トピックス

ランキング

  1. 1

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  4. 4

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  5. 5

    マニアが絶賛 無印カレーの凄さ

    文春オンライン

  6. 6

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  7. 7

    迫る節電要請 電力自由化は失敗

    PRESIDENT Online

  8. 8

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  9. 9

    非正規が休業手当貰えぬカラクリ

    田中龍作

  10. 10

    起業に求めてはならぬカネと安定

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。