記事
  • ロイター

原油先物は7週続伸、コロナワクチンの展開好感


[18日 ロイター] - 米国時間の原油先物価格は、9カ月ぶり高値に上昇した。週間でも7週連続の上昇。新型コロナウイルスワクチンの展開やドル安が背景。

米ファイザーが18日、日本におけるコロナワクチンの製造・販売承認を厚生労働省に申請したと発表。またペンス米副大統領は、米モデルナのワクチン緊急使用がこの日のうちに承認されると述べた。

清算値は、北海ブレント先物が0.76ドル(1.5%)高の1バレル=52.26ドル。一時は3月以来となる52.48ドルを付けた。

米WTI先物は0.74ドル(1.5%)高の49.10ドル。一時は2月以来の49.28ドルまで上昇した。

ドルはこの日小幅に反発したが、なお2年半ぶりの安値水準で推移。ドル安になると、ドル以外の通貨を扱う買い手にとって原油など資源価格が割安になる。

トピックス

ランキング

  1. 1

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  3. 3

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  5. 5

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  6. 6

    五輪中止で32年開催狙うか 英紙

    ロイター

  7. 7

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  8. 8

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

  9. 9

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  10. 10

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。