記事
  • SmartFLASH
  • 2020年12月19日 11:44 (配信日時 12月19日 06:00)

「動く実物大ガンダム」を造った男たち…秘密は内臓モーター30個の同時制御

1/3


(C)創通・サンライズ

 12月19日から、横浜・山下ふ頭に建造された新施設「ガンダムファクトリーヨコハマ」にて、“実物大”の全高18mの動くガンダム「RXー78F00」が、一般公開される。

 11月30日、メディアに公開された際は、横浜港に臨む格納庫「ガンダムドック」で、実物大ガンダムがカウントダウンとともに起動。ドックに設置された3本のメンテナンス用デッキが開き、ガンダムが頭部・両腕・腰部・脚部をアニメそのままに、自在に動かす。

 10本の指までもが1本ずつ滑らかに動き、起動確認を終えたガンダムは、腰を屈め発進姿勢に! 誰もが夢にすぎないと思っていた実物大ガンダムが、実際に動いたのだった。


「開発費は超高額ですが極秘です」と語る宮河氏

 世界初となる動く巨大ロボットは、どのような経緯で開発されたのか。サンライズ前代表取締役社長で、バンダイナムコエンターテインメント代表取締役社長の宮河恭夫氏は、この壮大なプロジェクトの始まりをこう語る。

「2009年、『機動戦士ガンダム』の生誕30周年で東京・お台場に実物大ガンダムの立像を造り、44日間で400万人以上の方に見ていただきました。それで、40周年も何かやろうと、指折り数えたら、オリンピックと同じ年だったので、派手なことをやりたかったんです」

 宮河氏には、「とにかくガンダムを動かしたい」という思いがあった。

「2014年から『一般社団法人ガンダム グローバル チャレンジ』をつくり、人材を集めて世界中からアイデアを募集しました」

 だが、動く実物大ガンダム構想は、当初「実現不可能」と周囲に呆れられたという。

「1.3mのASIMOが動いてるから、簡単に動くと思っていたら、学者や技術者には『18mのロボットが動くのは、6階建てのビルが動くのと同じで不可能』と呆れられましたね(笑)」

 それでも“動く実物大ガンダム”の計画はスタートした。

 プロジェクトに初期から参加しているクリエイティブディレクターの川原正毅氏は、こう語る。

「30周年のお台場のガンダムのとき、富野由悠季監督(ガンダムの生みの親)から『腕の1本くらい動かせ』と言われたのです。今回は当初から動かす前提で企画を開始しました。まずは“動くガンダム”を造るための技術者を集めるのに、いちばん苦労しましたね」

 このプロジェクトで川原氏はおもにガンダムのデザインを担当している。「実際に動かすためのデザイン」に苦心したという。

「スタッフを集めたあと、デザインと動きの検討に1年半かかっています。当初は1/48のメガサイズモデルのプラモデルを切り貼りしながら、動かすためのデザインを手作業で試行錯誤しました」

“動くガンダム”の最大の特徴は「ムーバブルフレーム的なデザイン」だと川原氏。

「お台場の立像は、基本立っているだけなので、ベースを作り、芯材に外側の形を造るという彫刻的な造り方で建造されました。今回は、動くためのモーターを内蔵したムーバブルフレームにFRPの装甲をつけていくという造り方です。ガンダリウム合金(ガンダムに使われている架空の金属)は使えませんでした(笑)。

 自力で動くため、モーターのパワーやトルクを計算し、その実現のためにボディを限界まで軽量化する必要がありました。さまざまな要素を考えながらデザインしました」

あわせて読みたい

「ガンダム」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。