記事
  • ロイター

コロナワクチン配分計画、供給量を20億回分に倍増=WHO枠組み


[ジュネーブ/ロンドン 18日 ロイター] - 新型コロナウイルスワクチン共同購入・配分の国際枠組み「COVAX」は18日、ワクチンの供給量を倍増させ20億回分近くを確保すると述べた。2021年初めに納入を始めるという。COVAXは貧困国の新型コロナワクチンの公平なアクセスを目的としている。

官民組織「GAVIワクチンアライアンス」と世界保健機関(WHO)、感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)が共同で主導しているCOVAXは来年、92の低・中所得国に承認されたワクチンを13億回分届けることを目指す。

COVAXは声明で、COVAXに署名した190カ国全てが、「21年上半期にワクチンが入手できるようになり、最初の納品は同年第1・四半期に始まる見込みだ。規制当局の承認と各国における接種の準備状況が条件になる」と述べた。

この日に発表された新たな取り決めは主に、英製薬アストラゼネカとの1億7000万回分の事前購入契約と、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)との5億回分の覚書から成る。

CEPIのハチェット最高経営責任者(CEO)によると、COVAXは米製薬大手ファイザーと独ビオンテックとも交渉中。両社の新型コロナワクチンは米国と英国で承認済み。COVAXは間もなくワクチンが承認される見込みの米バイオ医薬品大手モデルナとも交渉していると述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  4. 4

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  5. 5

    マニアが絶賛 無印カレーの凄さ

    文春オンライン

  6. 6

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  7. 7

    迫る節電要請 電力自由化は失敗

    PRESIDENT Online

  8. 8

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  9. 9

    非正規が休業手当貰えぬカラクリ

    田中龍作

  10. 10

    起業に求めてはならぬカネと安定

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。