記事
  • ロイター

フランスのコロナ収束後の通常生活、実現は来年秋以降=政府顧問


[パリ 18日 ロイター] - 新型コロナウイルス感染症を巡って仏政府に助言する科学評議会の議長を務めるジャンフランソワ・デルフレシは18日、ワクチン接種に予想以上に時間がかかる可能性があると述べ、国民が通常生活に戻れるのは来年秋以降になるとの見解を示した。

デルフレシ氏はBFMテレビに「ワクチンは大きな希望の星だが、フランスや他の欧州諸国の接種能力を踏まえると時間が必要だ」と指摘した。

ワクチンの不足に直面することはないだろうが、ワクチンの生産は2─3週間前に予想していたよりも長くかかると述べた。

フランス国内には特に脆弱な人が2200万人いて、この全員にワクチンを接種するのに5月までかかり、その後でほかの人への接種が始まると語った。

これは2021年秋まで新型コロナ対策の制限が続くことを意味するかとの質問に対し「ある程度は」と答えた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  3. 3

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  4. 4

    詐欺横行の英国でワクチン接種へ

    小林恭子

  5. 5

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  6. 6

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  8. 8

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    荒れるYahooコメ欄 仕方ないのか

    たかまつなな

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。