記事
  • ロイター

防衛省、F2後継機の技術支援企業に米ロッキードを選定


[東京 18日 ロイター] - 防衛省は18日、航空自衛隊F2戦闘機の後継を開発するに当たり、米ロッキード・マーチンから技術支援を受けると発表した。三菱重工業が主体となって機体を開発し、F35やF22などステルス機の開発実績があるロッキードはシステム統合などで協力する。

現行のF2は2035年ごろから退役が始まる見通しで、防衛省は後継機開発のまとめ役として10月に三菱重工と契約。米英の軍需企業の技術支援を求め、ロッキード、米ボーイング、英BAEシステムズの3社から提案を受けていた。英国との協力も引き続き模索する。

F2は当初、日本が国内開発を目指したが、米空軍のF16を土台に米国と共同開発することになった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  3. 3

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  4. 4

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  7. 7

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  8. 8

    米国に課された多様性との融合

    松田公太

  9. 9

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  10. 10

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。