記事
  • ロイター

アリババ、自社技術用いた民族識別を容認せず 米社の指摘受け表明


[18日 ロイター] - 中国のアリババ・グループがイスラム教の少数民族ウイグル族を識別する顔認識技術を開発したとする米調査会社の報告書を受け、アリババは、自社の技術が特定の民族集団を標的とし識別するために使用されるのを容認しないと表明した。

ビデオ監視システムの米調査会社IPVMは16日、インターネット上の有害コンテンツを監視するアリババの「クラウド・シールド」サービスにウイグル族を識別することができるソフトが含まれていると指摘した。

アリババは声明で、画像識別の項目に民族が含まれる顔認識技術をアリババ・クラウドが開発したという指摘に「当惑」しているとし、自社の技術がそうした形で使用されることは全く意図していなかったと強調。その上で「提供製品から民族タグを全て取り除いた」と説明した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  2. 2

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  3. 3

    菅首相は玉木氏提案を受け入れよ

    早川忠孝

  4. 4

    家計が炎上した年収1000万円夫婦

    PRESIDENT Online

  5. 5

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  6. 6

    今の改正案では医療崩壊を防げぬ

    玉木雄一郎

  7. 7

    非現金決済は差別? 米社会で変化

    後藤文俊

  8. 8

    時短従わぬ店への過料は「違憲」

    猪野 亨

  9. 9

    慰安婦判決は異常 迷走する韓国

    コクバ幸之助

  10. 10

    全米ライフル協会 破産を申請へ

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。