記事

「コロナで会社に行けなくて寂しい人」はさっさと考え方を変えないとヤバい

1/2

在宅勤務の普及で会社での人付き合いが減った結果、人が集まるコミュニティに変化が起きている。実業家の本田直之氏は「コロナ禍はコミュニティそのものを大きく変えた。会社の人間関係だけに依存している人はこれから困ったことになる」と指摘する――。

※本稿は、本田直之『パーソナル・トランスフォーメーション コロナでライフスタイルと働き方を変革する』(KADOKAWA)の一部を再編集したものです。

本田直之氏
写真=筆者提供

会社に行かなくなったら不要なお誘いが減った

コロナは、人間関係も大きく変えることになりました。私が主宰するオンラインサロン「Honda Lab.」のメンバー200人に対して行ったアンケートでも、「人間関係が整理できた」という声がたくさん上がっていました。

コロナで起きたのは、外出が一気に減ったこと。外に出なくなったら、薄い関係の人とは会わなくてよくなったのです。その最たるものが、会社の人たちでしょう。会社に行かなくなったので、もしかしたら無理に付き合いをしていた会社の人たちと、付き合わなくてもよくなった。

例えば、会社に行けば、「じゃあちょっと今日、みんなで飲みに行こうよ」なんて誘いがやってきたりする。それが好きな人は良かったのかもしれませんが、断るのが申し訳なくてそのまま行っていた人たちもいたはずです。そういう人たちにとっては、とても苦痛な時間だったわけです。

会社に行かなくなれば、こんな誘いもなくなります。もっといえば、仕事をしたいのに話しかけられて邪魔されたり、実は話をしたくないと思っていた人と話をしなければならなかったり。そういうこともなくなった。

リモートワークで自宅で仕事をしていれば、誰に邪魔されることなく、黙々と仕事をしていくことができます。ミーティングも最低限になって、無駄だと思っていた時間がどんどん減っていったのです。

コロナで外出しなくてよくなって、つながりたくない人とは、つながらなくてよくなった。つながりたい人とだけ、つながることができるようになったのです。

強制的だった会社のコミュニティ

コロナ前のコミュニティは、言ってみれば、強制的なコミュニティでした。強制的に、関わらなければならなかった。飲み会も強制的でした。今日、飲み会があるから来い、という空気が流れていた。だから、断りにくかったし、断れなかった。

実は今の若い人たちは、会社の飲み会には最初から行きません、という空気がありました。SNSでそれを発信して、同世代から高い支持を得たニュースが流れていたことを覚えている人も多いでしょう。

どうして会社の飲み会に参加しないといけないのか。強制的に参加させられるなら、それは会社の業務ではないのか。なぜ残業扱いにならないのか……。彼らの言い分ももっともですが、昭和のオジサンたちからは驚かれたのも事実です。

「仕事ができないヤツだと思われる」心配もない

昭和のオジサンたちにとっては、そういうものに参加するのは、当たり前だったから。誰も、そう信じて疑わなかったから。しかし、若い人たちは、「それはおかしい」と声を上げたわけです。

ということで、若い人たちは、こうした強制的な飲み会から逃れられたわけですが、ちょっと上の世代、30代や40代はまだ昭和の香りが残っていたりして、若い人たちほど大胆には動けませんでした。

やっぱり行かないといけないんじゃないか、仕事ができないヤツだと思われてしまうのではないか、会社内で浮いてしまうのではないか……。そんな強迫観念の下に生きていたのです。

オフィスでの業務提携会議
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/seb_ra

ところが、これがコロナのおかげでリセットされました。もう飲み会には、堂々と行かなくて済むようになったのです。誘われたとしても、コロナがちょっと心配なので、とコロナを理由に断ることができる。ここでも、つながりたくない人とは、つながらなくて済むようになったのです。

新型コロナが引き起こした地殻変動

会社のコミュニティというのは、自分から進んで得たいと思って得たコミュニティではありません。たまたま入った会社があって、そこに集う人たちがいたり、その部署に配属になったりして、そのコミュニティにたまたま参加しただけ。

言ってみれば、これは消極的に参加したコミュニティです。どうしても自分が参加したいと、自分で望んで加わったコミュニティではなく、たまたま偶然に入ることになったコミュニティに過ぎないわけです。

コロナがもたらしたのは、こうした消極的コミュニティに関わらなくて済むようになったということ。とはいえ、どのコミュニティにも属さず、孤独なままで生きていく、というのも簡単なことではありません。

そこで何が起きていたのかというと、会社のような消極的なコミュニティではなく、自分から積極的に関わりたいと思うコミュニティに、自ら飛び込んでいくという動きが起きていたのです。

消極的コミュニティに関わる必要がなくなった分、自分もどこのコミュニティにも所属しなくてよくなった。だから、積極的コミュニティともいうべきものを、みんなが見つけようとしたのです。

レストランにも同じ現象が起きている

例えば、SNSのコミュニティもその1つかもしれませんし、オンラインサロンもその1つでしょう。私自身もオンラインサロンをスタートしたわけですが、コロナ禍の中で、会員数を爆発的に増やしたサロンは実は少なくありません。

消極的に関わってきた会社のコミュニティではなく、積極的に関わってみたいと思うコミュニティへと、多くの人が流れていったのです。

これは、コロナ禍でレストランがどうなっていたか、という話にも似ています。オフィス街にあってランチで賑(にぎ)わっていたり、ショッピングモールにあって行列ができていたり。そういうところは、コロナがやってきて、閑古鳥が鳴いてしまったところが少なくない。

なぜかといえば、どうしてもそこに行きたいと思って行っていたわけではなく、働くオフィス街にあるから、ショッピングモールで食事をしないといけないから、といった消極的な理由で選ばれていたからです。

逆にコロナ禍でも賑わっていたのは、住宅街の中にあるレストランだったり、駅から遠いお店だったりと、わざわざ行かなければいけない店でした。消極的な理由ではなく、積極的な理由で選ばれていた店だったのです。

コロナがもたらしたのは、レストランにせよ、コミュニティにせよ、消極的な選択肢が削れるようになったことだと私は思っています。仕方なしに選んでいたものを、もう選ばなくてもよくなった。本当に行きたいところ、本当に関わりたい人を積極的に選ぶことができるようになったのです。

あわせて読みたい

「コミュニティ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    マニアが絶賛 無印カレーの凄さ

    文春オンライン

  4. 4

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  5. 5

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  6. 6

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  7. 7

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  8. 8

    起業に求めてはならぬカネと安定

    ヒロ

  9. 9

    非正規が休業手当貰えぬカラクリ

    田中龍作

  10. 10

    現場から乖離した教育学の問題点

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。