記事
  • ロイター

米政権内で緊張、中国企業への投資禁止ガイダンス案巡り=関係筋


[ワシントン 17日 ロイター] - 複数の関係筋によると、トランプ米政権内では、中国軍の支配下にあると見なされる中国企業への投資を禁止する大統領令に関する財務省のガイダンス案を巡り、緊張が高まっている。

11月に発表された同大統領令を巡っては市場関係者の間で懸念が広がっており、財務省は細則を示すため、「よくある質問(FAQ)」をまとめた。しかし、国務省と国防総省が公表に反対しているという。

大統領令は、中国軍が所有または支配していると国防総省が指定した中国企業の株式について、米投資家による売買を禁止する内容。

国防総省はこれまでに、石油大手の中国海洋石油集団(CNOOC)、半導体メーカーの中芯国際集成電路製造(SMIC)など35社を指定リストに追加している。

金融市場指数の算出会社も米国の規制を受け、相次いで指数から中国企業を除外し始めている。

ただ、ブラックリストに掲載された企業の子会社が規制の対象になるのかどうかについては疑問が残っている。

ワシントンの法律事務所エイキン・ガンプの貿易関連弁護士、ケビン・ウルフ氏は、大統領令が指す中国企業の範囲はうやむやになっている重要な問題だと指摘した。

国防総省、財務省、国務省はコメント要請に現時点で応じていない。

関係筋の1人は、省庁間の緊張の背景には、財務省が大統領令の効力を弱めようとしているとの見方があるとしている。ただ、別の関係筋によると、「財務省のガイダンスは(大統領令)の全般的な意図に沿っている」という。

ガイダンスの公表時期や今後どのような展開になるのかは現時点では不明。来年1月20日に就任するバイデン次期大統領が異なる政策を取り、大統領令を廃止にする可能性もある。

バイデン氏の政権移行チームは大統領令に関するバイデン氏の計画についてコメントを控えた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  4. 4

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  5. 5

    五輪中止で32年開催狙うか 英紙

    ロイター

  6. 6

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

  8. 8

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  9. 9

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  10. 10

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。